データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

データ復旧コラム

海中データセンターとは

先日、マイクロソフトが2年前からスコットランドのオークニー諸島沖でテストをしていた海中データセンター「Northern Isles」の試験結果が公表されました。

データセンターというものを簡単に紹介すると、インターネット上でサービスを提供するサーバーなどの機器本体を、一括に管理する場所を提供する施設のことです。
サービスを提供する企業がそれぞれ社内でサーバーを管理しても問題はないのですが、サーバーを安定して運用するには、空調や電源、インターネットへの接続管理だけでなく、災害やセキュリティー対策なども必要で、さらにそれらを24時間維持し続けるためにコストも発生し続けます。
各企業がそれぞれでサーバーを管理するよりは、一括で管理するデータセンターに任せた方が非常に効率的になるわけです。
computer_data_center
マイクロソフトが実験していた海中データセンターとは、このデータセンターを海中に設置しようとするプロジェクトです。
まず海中に沈めるということで、データセンター内は周囲の海水により温度が低い状態が維持されることとなります。この状態はPC機器の冷却方法の一つである「水冷」の規模の大きい状態であると言えます。海中では常に海水の循環が自然に行われていることになり、地上の設備よりコストも抑えた状態で維持できるということになります。
また通常の地上に設置されるデータセンターといえば空調に膨大な電力を消費することで有名ですが、オークニー諸島では再生可能エネルギーが潤沢にあり、安定した海中での運用により通常では信頼性が低いとされる再生可能エネルギーだけで十分な対応ができることが確認されたとされています。
さらに密閉されたコンテナ内に窒素を充填することで、地上では必然となる機器の酸素腐食のリスクをほぼゼロに抑えることが可能になり、温度の安定と人が入らないことによる事故リスクの軽減により、地上に設置するデータセンターの8分の1という低い故障率が達成できたそうです。
この実験結果は、新しいデータセンターのモデルとして世界中に注目されています。

弊社では社内設備として運用されていたサーバー、ノートパソコン、外付けHDDなどの突然の故障などによるデータ復旧につきまして迅速に対応させて頂いておりますのでお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

復旧率を下げないための10のルール
よくあるトラブル事例
PC(パソコン)/ハードディスク(HDD) データ復旧事例
RAID0 RAID1 RAID5|データ復旧事例
お急ぎのお客さまへ

回復ドライブとは

弊社にご相談いただく中に、「保存していたデータがなくなって、回復という名前になった」という事例があります。
これは誤ってデータ保存用のメディアに対して「回復ドライブ」を実施してしまった際に起きる現象です。
■初心者窓口 > データ復旧用語集 > 回復ドライブ

「回復ドライブ」とは使用しているPCが不具合を起こし起動できなくなったような場合に、Windowsを再インストールし、起動ができるようにするために使う補助ツールの総称です。
もしもの際に備えて事前に作成しておくもので、16GBバイト以上のUSBメモリを使用します。
■回復ドライブを作成する(Microsoftサポート)

不具合により正常に起動しなくなったWindowsに代わり、この回復ドライブがインストールされたUSBメモリからPCを起動することで、診断を行ったり初期化を行ったりすることが可能となります。
なお、この回復ドライブの機能ではユーザーデータは回復されません。Windowsを動かすために必要な最低限の機能しか持たないため、ユーザーデータは別途バックアップしておく必要があります。
■データバックアップ入門 > 自動バックアップ方法

いざという時に役に立つ回復ドライブですが、この回復ドライブに使用するメディアは空っぽのUSBメモリを使うようにと警告がされています。
回復ドライブを作成する際は、保存されているデータをすべて抹消したうえで回復ドライブ用のツールを書き込みします。ご相談いただく事例のように、通常のデータ保存用に使用していたUSBメモリを使うと、データがすべて消え、新たに回復ドライブのデータが書き込まれた状態になってしまうのです。

もちろん、このような場合も弊社ではデータを取り戻せる可能性はあります。ただし、データの上書きが発生している場合が多く、復旧が困難になる場合もあるので注意が必要です。
■データ復旧が困難な障害・メディアmain_konnnann
■上書きによるデータ消失について

回復ドライブに限らず、見慣れないメッセージが出てきた際に、よくわからないまま「次へ」をクリックし続けてしまうと、予期せぬ事態になってしまう可能性があるので十分注意しましょう。
また、日ごろからデータのバックアップを取るよう心がけ、不測の事態に備えましょう。バックアップの手法に関しては弊社ホームページでもご案内しておりますのでご参照ください。
回復ドライブになってしまってデータが消えた場合でも、データが取り戻せる可能性は十分あります。まずは焦らず、データレスキューセンターにご相談ください。

■データ消失を回避する方法
■データ復旧事例 > USBメモリ
■データ復旧事例 > ハードディスク(HDD) 

Seagateから18TBのHDD発売へ

1年ほど前にWesternDigitalから容量が18TBと20TBのHDDが発表され、2020年に量産開始されるとの記事を記載しました。
■20TBのHDD発売へ

その後2020年7月にWesternDigitalから16TB、18TBのHDDが出荷され始め、20TBのHDDについても数か月以内に製造が開始されるとアナウンスされています。
HDDの2大メーカーのもう一つであるSeagateからも9月に18TBのHDDが出荷されだしました。
デスクトップPCに内蔵されるストレージの搭載率として、2019年にはSSDがHDDを抜きトップになりましたが、外部記憶装置としては、容量やコストの面からHDDのほうがまだ優位性を保っています。

SSDに関しては2020年7月にSamsungから、8TBのSSDが発売開始されました。こちらは実売価格で10万円を切る価格となっており、大容量化、低コスト化が進んではいますが、HDDに比べると、まだまだ高価格だといえます。
また、2025年までには、HDDは容量50TBに到達するとの情報もでており、システムドライブにはSSDを、データ保存用にはHDDを選択する構成がしばらく続くことが予想されます。

弊社にデータ復旧をご依頼されるHDDの容量も年々増加傾向にあります。HDDの大容量化に伴い、故障した際のデータ消失のリストも大きくなります。大事なデータが失われないよう、日頃からバックアップをとるように心がけてください。
もちろん常日頃から気を付けていても、誤ってデータを削除したり、HDDを倒して故障させてしまったり、突然の災害で記録媒体が水没してしまうなどでデータ復旧が必要になる可能性はございます。
弊社では、そういった障害が発生した媒体からデータ復旧を行っておりますので、お困りの際は、ぜひ弊社までご相談ください。

■HDDについて
■HDDの復旧事例
■HDDの異音
■水没したHDD復旧からの復旧事例
■HDDの大容量化技術について
vol35_img01

Windowsで許可されていない特殊な文字の取り扱い方

Windowsにはファイル名やフォルダ名に使うことができない特殊な文字や記号が幾つもあります。
Naming Files, Paths, and Namespaces (Windows)
こちらはWindows上での命名規則についてのルールをまとめたページで、様々な禁止事項を説明しています。
book_kinsyo
簡単にまとめると
・NTFS上では / ? < > \ : * | " が禁止されており、
・FAT上ではさらに キャレット記号( ^ ) も禁止されます。
・次の文字列がWindows上でシステム予約語に指定されているためファイル・ディレクトリ名には使用できません。com1, com2, com3, com4, com5, com6, com7, com8, com9, lpt1, lpt2, lpt3, lpt4, lpt5, lpt6, lpt7, lpt8, lpt9, con, nul, and prn
Windows上でこれらを作成しようとしてもエラーが出て失敗するようになっています。

また「Do not end a file or directory name with a space or a period. 」(訳:ファイル名またはディレクトリ名をスペースまたはピリオドで終了しないでください)という制限もあります。具体的には「ファイル名.」(※末尾が半角ピリオド)や「ディレクトリ名 」(※末尾が半角スペース)が禁止となっています。例えばWindowsで「ワシントンD.C.」とディレクトリを作成しても、入力完了時には「ワシントンD.C」となります。
これらはWindowsで当初使用されていたFATファイルシステムの制限によるものが由来となっているのですが、Windows上では生成の途中で無視するような処理が強制的に働くようになっており、作りたくても作れないようになっています。

なおMacでは末尾ドットや半角スペースのファイル・ディレクトリも作成が可能です。ただしMacで作成した末尾ドットファイルをWindowsにコピーしても、Windows上では末尾の特殊文字が別の文字に置き換えられるようになっています。末尾の特殊文字は別の文字コードに変換するなど、こっそりとルールのすり合わせが行われており、ルールが異なるOS同士でも破綻しないよう工夫されているわけです。
■WindowsとMac間でのデータのやり取り
■文字化けについて

しかしデータ復旧の場においては、必ずしもこの工夫が働くわけではありません。復旧の際に、特殊な方法でデータの書き出しを行うと、Windows上でも末尾にドットや半角スペースのファイルやディレクトリを生成してしまうことがあります。
本来作成できないものを裏技的に作成してしまうと、Windows上では無視される文字列が含まれているため、削除やリネームもできないファイル・ディレクトリがそこに出来てしまい、非常に困ったことになります。

対処方法としては、禁止文字を無視する処理を敢えて動作させないプレフィックスというパス形式がWindowsには用意されているのでそれを利用します。
例えば通常はメモ帳へのパスは次のように表現されますが
C:\Windows\notepad.exe
プレフィックス形式では次のようになります。
\\?\C:\Windows\notepad.exe

この「\\?\」のプレフィックス形式を使用すれば、末尾にドットや半角スペースがついたファイル・ディレクトリでも扱うことができます。
もしデスクトップ上に「filename.」というファイルを作成してしまった場合、それを削除するには下記のコマンドになります。
del \\?\C:\Users\username\Desktop\filename.

■ディレクトリ構造について

データ復旧に限らず、アプリケーションのトラブルなどにより、末尾違反のフォルダ・ディレクトリが作成されてしまった場合には参考にしてください。

■データ復旧事例

記憶メディアの選び方

現在では様々な記録メディアが市場に出回っていますが、使われ方にはそれぞれ向き不向きがあります。それぞれの特徴、メリットとデメリットを簡単にまとめしたので、メディア選びの参考にしてください。

・ハードディスク系(パソコン、外付けHDD、NASなど)
長年大量に利用されているため、信頼度が高く、容量比でのコストが非常に安いというのが大きなメリットです。
読み書きの速度についてはここ数年でSSDなどと比較すると少し遅いと指摘されることもでてきました。広く活用されている割には実は耐用年数はかなり低く、3~5年程度とされています。磁気や振動、熱など弱点も多数あり、その特性上、持ち運びも難しくなります。

大容量のデータの保存に向いていますが、長期保存には向いていません。長期保存の際には、バックアップをどのようにとるかをしっかり考えておく必要があります。
■外付けHDDが認識しない原因と対処方法
■外付けHDDについて
■データバックアップ入門
computer_hdd_portable (1)
・光ディスク系(CD、DVD、Blu-rayなど)
一般の光ディスクだと10年や20年単位の寿命とされていますが、記録層が紫外線などに非常に弱いため、保管状態が悪いと一週間も持たないということもあります。
そのため記録層を特に強化した長期保存用光ディスク「M-DISC」が製品化されています。
■長期保存に適した記録メディア

ただし光ディスク系は全般的に読み書き速度が非常に遅く、また書き換えも結構手間がかかります。使用の際に専用のドライブが必要なこともあり、利便性は高くはありません。
よって長期保存向けのメディアとなりますが、保管方法には十分に気を付ける必要があります。
■経年劣化でCDやDVDが読めなくなる
■光学メディアについて
computer_disc_drive
・フラッシュメモリ系(USBメモリ、SDカード、microSD、SSDなど)
パソコンや携帯機器などで簡単に接続でき、利便性が高く、振動にも強いため、持ち運びがしやすいです。
ただしある一定の容量を超えるとコストが非常に割高になります。製品寿命としては5~10年程度、長期保存にも向いていません。

以上のことから、ちょっとしたデータの一時保存用に向いています。一時的に保存したデータをハードディスクや光ディスクにバックアップとして移して、常にデータを二重三重に別々に分けて保存しておくのがお勧めの使い方となるでしょう。
■USBメモリが認識しない原因と解決方法
■SDカード/microSDカードが認識しない原因と確認ポイント
■SSDが認識しない原因と対処方法

どのような記録メディアも工業製品である以上、突然何の前触れもなくトラブルに見舞われるリスクを完全に避けることは困難といえます。
日ごろからメディアの取り扱いやバックアップに留意するのはもちろんではありますが、それでもトラブルは突如発生します。お困りの際は、お気軽にご相談ください。

■データ復旧事例
■メディア解説
■データ保護ノススメ