データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

データ復旧コラム

携帯電話の外部ストレージ~後編

前回からの続きです。

microSDカードのスロットが付属していない携帯電話でも、状況によっては外部ストレージに直接保存したいケースもあるでしょう。そういった場合には、USBメモリを使うという手もあります。
■Androidスマホで使えるUSBメモリ
■iPhone対応USBメモリ

容量や値段もそれぞれで異なりますので、ご使用の用途をよく見定めてからの購入をお勧めいたします。
特に接続コネクタの部分は様々な規格が乱立しているため、コネクタの形状をよく確認しましょう。
■USB Type-Cについて

Androidスマホの場合は、少し前に販売されていたものでしたら「micro USB Bタイプ」ですが、最近のでは「USB Type-C」端子が主流になっています。またこれらの規格はパソコンとも共通なので、USBメモリを介して気軽にパソコンとのデータのやり取りができるというメリットもありますが、パソコン側は「USB Aタイプ」端子が主流なので、USBメモリを共有するには変換アダプタが必要になってきます。
cable_usb_micro2
iPhone の場合、接続の端子は「Lightning」のみになります。またiPhone側で専用のアプリを用意する必要がありますが、これはUSBメモリに同梱して販売されているものが多いようです。
■iPhoneに外部ストレージデバイスを接続する

なお多少の耐久性の違いはあってもmicroSD・USBメモリも、どちらも突然に壊れてしまうメディアとなります。データレスキューセンターではmicroSD・USBメモリ関係なくデータ復旧に対応しておりますので、何かございましたらお気軽にご相談ください。

■SDカード/microSDカードが認識しない原因と確認ポイント
■USBメモリが認識しない原因と解決方法
■メモリーカードの復旧事例
■USBメモリ データ復旧事例

携帯電話の外部ストレージ~前編

AndroidスマートフォンとiPhoneの違いの一つに、microSDカードへの対応がよくあげられます。しかしここ最近のAndroidスマートフォンではiPhone同様にカードスロットが付属していないモデルも多数発売されているようです。特にハイエンドモデルでは顕著になってきており、どういった事情からこの変化がでてきたのか解説します。
smartphone
・設計上の制限
ハイエンドモデルになると少し前のゲーミングPCと同程度の性能をもち、それがあのサイズにというのは驚愕ですが、そのため発熱対策も重要になってきています。排熱効率を考えると少しでも隙間を作る必要があり、カードスロットの排除が一つの選択になってきています。
・速度の問題
内蔵メモリとmicroSDの速度を比較すると実は10倍以上の差があります。画像だったら気にならない速度差ですが、動画になると体感でもったりとするのがわかるため、高性能のブランドイメージのため敢えて外されることもあるようです。
・代替システムやサービスの増加
そもそもmicroSDが付けられている理由は、アプリや写真を多数保存すると内蔵メモリでは容量が不足するためでした。内蔵メモリが増量してきたこともありますが、それ以上にクラウドストレージサービスが充実してきたことで、本体内部にデータを保存しなくてもよくなってきたという事情もあります。
■Googleフォト
https://www.google.com/intl/ja/photos/about/
■iCloud
https://www.apple.com/jp/icloud/
■クラウドストレージのメリットと注意点
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol42.html
・美意識やセキュリティなどそれ以外のさまざま理由
物理的な蓋を付けることへの違和感やデザイン的な見栄え、またそのほかにマルウエア(ウイルス)の侵入ルートの制限という話もあります。

次回に続きます。

■SDカード/microSDカードが認識しない原因と確認ポイント
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol58.html
■USBメモリが認識しない原因と解決方法
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol55.html
■メモリーカードの復旧事例
https://www.rescue-center.jp/case/mc.html
■USBメモリ データ復旧事例
https://www.rescue-center.jp/case/usb.html

フォーマットと障害について

PCやデジカメなどで使用中の記録メディアに対して突然フォーマットが要求され、データにアクセスできなくなるケースがあります。フォーマットを実施すれば、記録メディアへのアクセスは可能になりますが、保存していたデータも消えてしまうので、データ復旧が希望ならフォーマットは厳禁です。
フォーマットとは記録メディアにデータが記録できるよう、初期化を行うことを指します。記録メディアに書籍で言うところの目次にあたる管理情報を書き込み、データを保存して管理できるようにする処置です。例えていうならば、田畑や住宅地などを造成しやすいように更地化する作業にあたります。
・ファイルシステムについて
・データ保存の仕組み
・ディレクトリ構造について
・マスターファイルテーブル(Master File Table・MFT)とは
・データの削除・フォーマットについて
何らかのトラブルによりこの管理情報が損傷を受けてしまうと、PC上で記録メディアがフォーマットされていないものと誤って認識してしまい、フォーマットが要求されることになります。目次の部分だけが壊れても本文は無事ということは珍しくありません。更地全体が荒地になるような損傷もありますが、ゴミがちょっと落ちている状態だけの時でも同様に破損しているという認識になるからです。
そのためフォーマットを要求される状態で何も手を付けずに調査の依頼をされるケースでは、比較的元のフォルダ構造を保ってきれいに復旧できるケースがよくあります。ただし破損の程度次第になることもあれば、フォーマットや修復などを実施したりすることで余計に悪化させてしまうケースもあり、どの程度の復旧が可能かはケースバイケースとなることもあります。
データが保存されているはずの記録メディアが突然フォーマットを要求されるということは、確実に記録メディアに異常が発生している状態です。場合によっては完全に痕跡を消してしまうこともありますので、安易にフォーマットは実施されずにまずは弊社までご相談ください。
・データ復旧事例
・復旧率を下げない為の10のルール

バックアップのススメ

パソコンが起動しなくなった、外付けHDDが認識しない、USBメモリからデータが消えたなどのお問合せはよくいただきます。こういったトラブルは、突然発生することが殆どなのでデータを守るためにはバックアップが一番の対策になります。
まずはOS標準のバックアップがおすすめです。Windowsの場合は「バックアップと復元」のメニューから、Macの場合は「Time Machine」を利用してみましょう。
■データバックアップ入門 > 自動バックアップ方法
どちらも、1度バックアップを取れば、スケジュールに沿った定期的なバックアップも容易なので、何も気にせずに無料で利用することが可能です。ただし設定によってはシステム丸ごとのバックアップになるので、ファイルやフォルダごとにこまかく設定したい、ディスク容量を節約したいなどの場合は、市販のバックアップソフトがおすすめになります。
cloud
またバックアップ先のメディアとしては、外付けHDDやNASだけでなく、最近ではクラウドサービスにバックアップすることもおすすめになります。
■クラウドストレージのメリットと注意点
■リモートワークにまつわる「トラブル」と「データ復旧」
気を付けていただきたいのは、何らかの不具合などで、バックアップしたつもりになっていたが実は出来ていないケースです。パソコン本体が壊れてしまった時、あわててバックアップ先を確認したら、こちらも実は長らく動作していなかったなど、実はよくあるお問合せになります。バックアップ先の定期的な確認もバックアップの実施と同じくらい重要な項目になります。
■自動バックアップに潜むリスク
データレスキューセンターではバックアップ先のメディアが壊れたようなケースからの復旧にも多数の対応実績がございます。お困りの際はお気軽にお問い合わせください。
■外付けHDDが認識しない原因と対処方法
■NAS(LinkStation/TeraStation)にアクセスできない、つながらない原因と対処方法
■データ復旧事例
■データ保護ノススメ

国家のデータもクラウド化~オンラインストレージの活用~<後編>

前回の続きになります。ウクライナ政府は被害に備えて、AWS(AmazonWebService)社のサービスを利用し政府機関がもつ莫大なデータをクラウドストレージに移行しているというニュースを紹介しました。
AWSは世界中に複数のデータセンターを所有しているので、万が一どこかのサーバーが戦渦に巻き込まれても、即座にデータが失われてしまうような心配はありません。ちなみに、AWSのデータセンターは、日本国内にも東京リージョン、大阪リージョンの2箇所が存在しています。
■AWS、国内 2 拠点目となるリージョンを開設
企業や自治体で取り扱うデータ量は年々増え続けているので、今後もこのようなデータ保全のサービス需要は増加していくと思われます。ただし、個人で所有するデータに関しては、このように大規模なサービスを利用する機会は少ないでしょう。大事なデータを突然失わないためには、こまめなバックアップで管理するのがお勧めです。
■データ保護ノススメ
■データバックアップ入門
また「AWS Snowball」のような企業向けのクラウドサービス以外にも、個人向けのクラウドサービスも多数展開されています。
■クラウドストレージのメリットと注意点
だいたいどのサービスも共通するものとして、数GB程度以内の利用なら無料、それ以上利用する場合が有料という形ですが、すでに別のサービス(AmazonならAmazonプライムなど)を利用しているなら無料の範囲が広がるサービスもあるので、ついでに利用してみるのもおすすめになります。
■マイクロソフトのOneDrive
■グーグルのGoogleDrive
■アマゾンのAmazonDrive
またネットワークHDDを家庭内サーバーとして活用するケースも増えてきているようです。弊社ではネットワークHDDの復旧実績も多数あるので、万が一の際には一度ご相談下さい。
■データ復旧事例 > LinkStation(リンクステーション)
■データ復旧事例 > TeraStation(テラステーション)
■データ復旧事例 > LANDISK等その他NAS