SDカードやUSBメモリなどの記録メディアは、一見すると半永久的に使用できるように見えますが、一般的な電化製品と同様に消耗品です。しかし記録メディアの場合、電球や電池のように完全に使い切った上で新しい製品に取り換えるというわけにはいきません。壊れる前に交換をしておきたいものです。

例えば自動車のタイヤでは一般的に使用開始から3年以上、もしくは3万キロ以上の走行というのが交換目安とされていますが、それ以上に、目に見えて擦り減ってきますので、ガソリンを入れる時等に交換のアドバイスをもらうこともあるでしょう。
フラッシュメモリも実は仕組み的にはタイヤと同様に擦り減る感じで消耗はしていくのですが、あくまでも電子的な話なので目でみてわかるものではありません。
■最新のフラッシュメモリ(USBメモリ、SDカード、SSDなど)について
またこういったフラッシュメモリの特性上の寿命については、実際の製品としての寿命よりは非常に長く、経験測上からの製品寿命となると数年程度とされており、1~3年ぐらいから故障率があがっていくと言われています。
そのため交換の目安をルールとして作っておくことがお勧めになります。
computer_usb_memory
1.容量がいっぱいになったとき
これが一番わかりやすいタイミングでしょう。不要なデータを削除、整理しなおしてギリギリまで使いきるのではなく、いっぱいになったらその時点でバックアップをとってサイズの大きい製品に買い替えましょう。

2.時間で決める
使用頻度に応じて1年~2年置きに買い替えるスケジュールを作っておくのもおすすめです。バックアップ用途で頻繁に使うものでもないということなら期間はもう少し長めでもいいでしょう。

3.エラーが発生したり修復を促されたりしたとき
Windowsマシンでよくみられる、PCに記録メディアを接続した際に「チェックディスク」などの修復を促されるケースがあります。特に致命的なトラブルでないことが大半ですが、まれにデータが丸ごと消失することもあるので対応には注意が必要です。
■チェックディスク
偶々のエラーなのか前兆的な意味でのトラブルなのかをその時点で判断することは非常に困難です。そのため少しでも動作に不安を感じるようなことが発生したら、念のために交換しておくというのもお勧めになります。

以上はいわゆる「予防交換」という性質が強いものになりますが、備えを十分に行ったとしても、データ損失のリスクを完全に排除することは難しいです。
メモリの破損やデータの損失などのトラブルが発生した際は、データレスキューセンターにお気軽にご相談ください。

■メディア解説
■データ復旧事例
■データ保護ノススメ
■データバックアップ入門
■HDD・USBメモリ・SDカードの障害事例とその対策
■データ消失を回避する方法