Windows11が10月5日に正式リリースされました。Windown11のシステム要件をみたしたPCであれば、Windows10から無償アップグレードが可能となります。
■OS(Operating System)について

Windows11へのアップグレードについては、2022年の半ばまでにWindowsUpdateから段階的に配信されるようになっていますが、いますぐにWindows11へ更新したいユーザー向けの方法も用意されています。
Windowsインストールアシスタントを利用しアップデートする方法や、Windows 11 のインストールメディアを作成して新規にインストールする方法、もしくはWindows11のディスクイメージから直接インストールすることも可能です。
■Windows11をダウンロードする

なお、お持ちのPCがWindows11にアップデートできるかどうかは、Microsoftの公式サイトで公開されている「PC 正常性チェック アプリ」を使用すれば確認可能です。
■Windows11互換性の確認
「PC 正常性チェック アプリのダウンロード」からアプリをダウンロードし、インストールします。アプリを起動し「いますぐチェック」というボタンをクリックすると、すぐに要件を満たしているかどうかの確認ができます。
互換性チェック
なお、要件を満たしている場合でも、Windows11へアップデートする際に失敗する可能性はあるので、事前にバックアップを取られることをお勧めします。
OSのアップデート失敗などで起動しなくなったPCからでもデータの復旧は可能ですので、お困りの際はお気軽にご相談ください。
■PC/HDD(ハードディスク) データ復旧事例
■SSD データ復旧事例
■復旧率を下げないための10のルール