様々な記録メディアが市場に出回っていますが、使い方にはそれぞれ向き不向きがあります。USBメモリとHDDの使い分けについてまとめてみました。
■記憶メディアの選び方
usb_memory_stick
簡単に持ち運べる、かさばらないなどの理由で、USBメモリのみにデータを溜め込んでいるというケースがありますが、あまりお勧めできません。
そもそもUSBメモリをはじめとしたメモリ系の記録メディアは、フラッシュメモリの仕様上、書き換え回数の制限やデータの保持性の限界などの理由で、長期保管には向いていません。
■SDカード・USBメモリはデータの長期保存が苦手です

メモリ系の記録メディアは持ち運びには非常に便利なため、例えば自宅と会社・学校のような二地点間でデータの持ち運びをするといったような使い方をしながら、作成したデータはパソコンや外付HDDとUSBメモリの両方に残しておくことをお勧めします。また最近でしたらクラウドやオンラインストレージを使用してデータを直接持ち運びせず、オンライン上で共有するというやり方もあります。
■クラウドストレージのメリットと注意点

ハードディスクは高温や衝撃に弱いという短所はありますが、メモリ系の記録メディアのような書き換え回数の制限はなく、また容量あたり単価ではコストパフォーマンスが一番優れているため、過去のバックアップデータも含めて全て残しておくという使い方がおすすめになります。またいっぱいになったら不要なものを削除していくよりは、新しい大容量のHDDを追加で購入する方がおすすめです。
ただしどちらにせよ、データを一つのメディア内にのみ保存しておくというのは厳禁です。デジタルデータというのは永続的に保たれるものではありますが、メモリのチップやハードディスクのプラッタやヘッドになると、それは物理的な部品でしかなく、経年披露や物理的あるいは電気的な障害により、簡単に壊れます。クラウドサービスでもちょっとした操作ミスなどでデータを消してしまうこともあります。データは常に二重三重に分けて保管しておきましょう。
■間違ったバックアップをしていませんか?
■データバックアップ入門

絶対に破損しない記録メディアは存在しないというのが実情です。突然にトラブルに見舞われることは珍しいことではありません。お困りの際は、弊社までお気軽にご相談ください。
■メディア解説
■データ復旧事例
■データ保護ノススメ