次世代の通信規格である5Gが2020年3月から開始されています。
5G通信の特徴としては、従来の4G通信より映像などのダウンロード速度が約10倍に向上し、また通信上の動作の遅延が従来の10分の1程度に低減されている点です。
動作の遅延と言われてもピンとこないかもしれませんが、実感できる身近な例としては、例えばオンライン会議の映像の遅れがなくなり、よりリアルタイムで表示されるようになる等です。
この通信のリアルタイム性が増すということには、実はもっと大きな意味があります。例えばネットワークを介した自動運転やオンライン手術など、これまで実験段階だったサービスがいよいよ実用可能なレベルになってきたということです。
smartphone_speed_5g
このような非常に魅力的な5G通信ですが、まだまだ適用範囲の狭さが問題とされており、基地局の拡充が大きな課題です。
関西ではインフラ整備に関して以下のような実験がスタートしています。
-------------------------------------------------------------------------------
NTTドコモは5日、ダイドードリンコと組んで自動販売機に次世代通信規格「5G」の基地局を設けると発表した。まずは2020年中に大阪市内に1カ所設け、22年から全国の市街地で本格展開する。全国に28万台あるダイドーの自販機を生かし5G通信できる地域を広げる。
-------------------------------------------------------------------------------
計画されている基地局はスモールセルと呼ばれる小型のタイプのことで、電波の届く範囲は半径数十~数百メートル程度と狭いですが、自動販売機のように街中に無数に存在している設備を利用することで、都心などの遮蔽物が多く存在している環境下でも安定した高速通信を実現することができます。また大規模な基地局を建造することに比べ、土地の確保のコスト面や設置にかかる工事時間の短縮など、提供側の負担も大幅に減る良いアイデアと言えます。
今後5Gの普及においてはこのような今までは実施されなかったユニークな方法も検討されることでしょう。

ただし全国津々浦々で5GBが当たり前のように使われるようになるのはまだ数年以上はかかるとみられています。5G対応端末やサービスがまだ高額なこと、現状では5Gならではのコンテンツも少なくWi-Fiでも満足しているユーザーが多いことなど、5G市場の拡大は今後も緩やかに続いていくことが予想されています。

データの大容量化に伴いスマホ本体の容量では物足りないと外部メモリを利用されている方も少なくないと思います。弊社ではスマートホンでご利用されているmicroSDカードのデータ復旧に対応しています。microSDカードのトラブルでお困りの際はお気軽に弊社にご相談ください。

■データ復旧事例
■データ保護のススメ
■SDカード/microSDカードが認識しない原因と確認ポイント
■SDカードについて
■無線技術について