梅雨の時期になりました。パソコンなどの精密機器は暑さや湿気が原因で故障しやすい時期になります。
パソコンの内部にはCPUやハードディスクなど、動作中に熱を発する部品が使われています。パソコン内部に熱がこもり内部の温度があがりすぎると、誤作動やフリーズしてしまう熱暴走を引き起こす可能性が高まります。
computer_desktop_bad
そのためパソコンには部品を冷やす冷却ファンや、通気するための通風孔が備わっていますが、埃などが冷却ファンについたり、通風孔をふさいだりしてしまうと、冷却性能が落ち熱暴走の原因となります。定期的にお掃除を行い、埃がたまらないように気を付けてください。
またパソコンを設置する場所も重要です。直射日光があたらないようにし、通風孔をふさぎ風の通りを遮らないように壁から10cm程度は離して設置するようにしてください。

パソコンの熱暴走と対策についてご案内しているページもありますので一度ご覧ください。
■いまさら聞けないパソコン基礎知識 > パソコンの熱暴走と対策
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol06.html

パソコンなどの精密機器は熱と同様、湿気も大敵となります。パソコン内部の部品が湿気による腐食等で破損するとショートを引き起こす原因にもなります。梅雨時期は洗濯物を室内で干すなどの場合も多いと思いますが、パソコンの近くには干さないようにしてください。
観葉植物や水槽なども室内の湿度をあげてしまうため、梅雨時期はPCの近くを避け、風通しのよい窓辺などに設置するようにしてください。除湿機やエアコンを利用し、室内の湿度を一定に保つのもお勧めです。
computer_desktop_good
このように梅雨対策を行っていても、パソコンが起動しなくなったり、外付けHDDが認識しなくなったりなどのトラブルが起こる可能性はございます。急な故障で大事なデータが失われないよう、日ごろからバックアップをとることも重要です。
■データ保護のススメ
https://www.rescue-center.jp/campaign/index_1.html
■データバックアップ入門
https://www.rescue-center.jp/primer/
■パソコンがなくてもできるデータ保護
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol24.html

なお、弊社では、故障で動作しなくなったパソコンや外付けHDD、認識しなくなった記録メディアからデータを取り出すデータ復旧を行っております。豪雨などにより水没したパソコンからのデータ復旧も対応しております。
突然の障害や故障などでお困りの際は、お気軽にご相談ください。
■データ復旧事例 > ハードディスク(HDD)
https://www.rescue-center.jp/case/hdd.html
■データ復旧と災害対策
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol26.html