11月11日にトレンドマイクロの公式ブログの「モバイル決済を侵害する偽カメラアプリ、Google Playで拡散」の記事にて解説されましたが、偽カメラアプリに偽装し、不正にモバイル決済を行うAndroid向けアプリがGoogle Play上で複数発見されたそうです。

camera_appli
https://blog.trendmicro.co.jp/archives/22812

上記のアプリは、”美しく撮れる”などのカメラアプリとしての機能を備える一方、ウラでは勝手にWireless Application Protocol(WAP)を使用したモバイル決済を有効にし、アプリ使用者による認証を必要とせず不正に課金を行っていたとのこと。

すでにこれらのアプリは、Google Play上からは削除されたそうですが、公式ストアでもこのような悪質なアプリが公開されているケースもあります。SNS利用者向けの写真加工アプリなど人気があるアプリは特に狙われやすい傾向もあります。不用意にインストールするのではなく、アプリの提供者情報や使用者のレビューなどに目を通し、おかしな記事などが投稿されていないか確認を行うなど、インストールを行う前に周辺情報のチェックをするように心がけましょう
また、スマートフォン向けのセキュリティソフトをインストールするなどの対策もお勧めです。

なお、弊社ではスマートフォンからのデータ復旧は対応しておりませんが、スマートフォンでご利用されているmicroSDカードからのデータ復旧は行っております。
万が一、microSDカード内の写真や動画データ等が消えてしまった場合や、認識しないなどの障害が発生した場合はデータレスキューセンターにご相談ください。

■SDカードについて
■SDカード/microSDカードの復旧事例
■SDカードの構造と動作