データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

2019年12月

ぼったくりデータ復旧業者の手口が掲載されました。

当社も所属しております日本データ復旧協会へのインタビュー「ぼったくりデータ復旧業者の手口」が掲載されました。

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00005/112800085/

協会によせられております過去の被害相談なども以下の記事でご案内しております。

■協会に寄せられた被害相談
http://blog.rescue-center.jp/archives/18727785.html

データ復旧業者を選ぶ際は
・復旧作業を依頼する前に「復旧可能なデータリスト」と「見積書」が確認できること
・復旧不可能な場合に高額な作業費を請求されない成功報酬制であること
・過大な復旧率をアピールしていないこと
・セキュリティが万全であること等
がポイントになります。


データレスキューセンターではお客様に安心してご利用いただけるように、「復旧できそうか?」といった簡易調査ではなく、お見積書とともに「データ復旧可能なリスト」を提出させていただくための精密調査を実施しています。


もちろん成功報酬の為、データ復旧が不可能だった場合に高額な費用を請求することはありません。プライバシーマークやISO270001の認証も取得しておりますので、安心してご相談ください。

回復ドライブ等の上書きに注意

間もなくWindows7のサポートが終了することもあり、お使いのPC のOSのアップグレードを検討されている方もおられるかと思います。
マイクロソフトでは以下のサイトでWindows10のライセンスを持っているユーザー向けに、インストールのためのメディア作成ツールを配布しています。

このツールを用いればお使いのPCを直接Windows10にアップグレードできるだけでなく、USBメモリ等の記録メディアにインストールメディアを作成することが可能です。
インストールメディアの作成時に注意していただきたいのは、PCに接続している外付けHDD等のすでにデータが保存されている記録メディアを誤ってインストールメディアにしてしまうことです。今まで保存していたデータを全て消失させてしまい、データ復旧のご依頼をいただくケースがしばしばあります。
また同様の事例としてとして、すでにデータが保存されている記録メディアにWindowsでは回復ドライブ、MacではTimeMachineを作成してしまったケースもよくご相談を受けます。
※回復ドライブとTimeMachineについては、弊社のサイトで詳細な解説がございます。
■データバックアップ入門
databackup
https://www.rescue-center.jp/primer/backup.html

いずれのケースでも注意しなければいけない点は、バックアップデータやインストール用のデータは、今まで保存していたデータと共存させることができないということです。作成時にはそれまであったデータは全て消されてしまうので、操作を誤らないよう気を付けましょう。
データ消失を防ぐ方法としては、まずデータ保存用のメディアと回復ドライブなどでそれぞれ別物の記録メディアを用意するとよいでしょう。
また、回復ドライブを作成する際は意図せぬ書き換えが発生しないよう、いったんデータが保存された記録メディアはPC本体から取り外したうえで作業をされることがお勧めとなります。

なお、すでに誤って回復ドライブ等を記録メディア内に作成してしまったというケースでも復旧に至ったケースがございます。
あきらめてしまう前に弊社までお気軽にご相談ください。

■よくあるトラブル事例
■データ復旧事例
■データ消失を回避する方法