Windowsを利用していると、たまに目にする事があるMFTという単語。
これは、Master File Table(マスターファイルテーブル)を略したものです。

Windowsでは、NTFSというファイルシステムを利用できますが、MFTはNTFSパーティション一つずつに記録されていて、パーティション内のどの場所にファイルがあるかの情報を持った、本で言う目次のような情報となります。
MFTはパソコンでファイル操作をするたびに書き換えられますので、パソコンを起動しているだけで常に更新されています。

MFTは非常に重要なものなので壊れにくいようになっていますが、OSの不具合やハードウェアのトラブルなどで破損してしまうことがあります。
パソコンを使っていて、突然にファイルが消えてしまった、文字化けしてしまった、フォルダへのアクセスができなくなったという場合は、MFTが壊れた可能性があります。
また、容量の小さいファイルによっては、MFT内にデータ本体が書き込まれるので、MFTが壊れてしまうとデータが完全になくなってしまうこともあります。

MFTが壊れたのであれば、MFTを修復すればいいのではという話になりますが、この修復が非常に厄介です。
壊れてしまった場合の為に、NTFSパーティションにはMFTのバックアップ(ミラーファイル)が保存されています。
通常、MFTが壊れた場合はこのバックアップでオリジナルのMFTを上書きすることになりますが、ミラーファイルはオリジナルの情報が更新されたタイミングで同時に更新されます。そのため、状況によってはオリジナルのMFTとバックアップのMFTの両方が破損した状態となり、修復が困難になってしまうこともあります。

実際に、MFTを修復する際には、フリーソフトのTestDiskなどが使えます。
オリジナルのMFTファイルの内容がバックアップのMFTファイルと異なる場合に修復することができますが、データを復旧するのではなくオリジナルのMFTのファイルをバックアップのMFTファイルの情報に書き換えるだけの動作となります。
認識できなくなったハードディスク等に対して、物理障害がなければTestDiskを使用する事で認識できるようになることもありますが、使っていたデータがなくなってしまう事もありますし、操作を間違うと、データの復旧ができなくなることもありますので、ご使用される際は十分にお気をつけください。

チェックディスクメッセージ


また、MFTを修復するための機能はWindowsにも存在します。
チェックディスクがその機能ですが、目的はあくまでもMFTの修復となり、データの復旧ではありません。
MFTの修復でデータが復旧できる場合もありますが、Windowsにとっては何が重要なデータなのかは分からないので、チェックディスクを行うことで、逆にデータが消えてしまうことがあります。

パソコンに外付けハードディスクを接続した場合、チェックディスクをするか聞かれることもありますが、上記の理由からチェックディスクをそのまま行うことはお勧めできません。もし、チェックディスクのメッセージが出てくるようであれば、早めにハードディスクに保存されているデータは、別のハードディスクなどにバックアップされることをお勧めいたします。

データレスキューセンターでは、MFTが破損したハードディスクからの復旧ももちろん対応しておりますので、万が一の際はお気軽にお問い合わせください。


データの復旧率を下げない為の10のルール 3: チェックディスク/スキャンディスクを行わない