USBメモリやUSBケーブルでよく耳にする「USB」は、ユニバーサル・シリアル・バス(Universal Serial Bus)の略で、その名のとおり「汎用(ユニバーサル)」の接続規格として策定されました。もともとはパソコンとキーボードやプリンタなどの周辺機器を接続する際の規格を統一する目的のものでしたが、USBメモリなどの記憶媒体にも使用され、音楽プレイヤー、スマートホン、ゲーム機などの接続・充電用のインターフェースとしても採用されています。


ph_usb

USBのコネクタの形状規格については、スタンダードタイプ呼ばれる長方形のA型・正方形のB型が最初に制定されています。実はこの旧来のスタンダードタイプは現在のような活用方法が想定されていなかったようで大きな弱点があります。

USBコネクタは抜き挿しするたびに端子表面の摩耗やハンダの劣化が発生しますが、もともとプリンタなどの接続を想定しており、USBのコネクタを1日に何度も挿しなおすとは考えられていませんでした。そのため、コネクタの物理的な耐性としては抜き挿し1500回というのが規格で定められた耐性目安となっています。1500回という数値は、1日1回とするとおよそ4年という計算になります。一度接続したら付けっぱなしになるプリンタ等なら全く問題ないですが、USBメモリは使い方によっては1,2年で限界を超えることもあります。

1500回を超えてすぐに壊れるわけではありませんが、USBメモリを使っているうちに突然データが読み込めなくなるのは、USB端子の劣化が原因である場合があります。また、パソコン側のUSBコネクタも同様の仕様になりますので、USBが認識されなくなったと思ったら別のコネクタや別のPCで確認してみましょう。

ちなみに、後に制定されたmini-Bタイプでは5000回、micro-Bタイプでは1万回というのが耐性回数の目安とされています。これらの規格が使われていることが多いポータブルタイプのHDDやスマートホンでの使用においては、回数の限界というのはあまり気にすることはないでしょう。

データレスキューセンターは突然認識しなくなったUSBフラッシュメモリの復旧にも対応しております。もしもの時にはお気軽にご相談ください。

■USBメモリについて
■USBメモリ(フラッシュメモリ)の復元事例
■データ保護ノススメ フラッシュメモリ/メモリーカード編