多くのスマートフォンは、通常撮影のアウトカメラと、液晶側についた自撮り用のインカメラが搭載されています。しかし、最近スマートフォンの中には、アウトカメラを2個、つまりインカメラとあわせて3つのカメラを搭載した機種があります。代表的なものはiPhone7 Plusですが、アウトカメラが2つあるとどういったメリットがあるのでしょうか?
キャプチャ

たとえば、iPhone7 Plusの場合は2つのアウトカメラがそれぞれ特性の異なるレンズを搭載しています。片方がテーブルの上や部屋の中など、近くのものを撮影するための広角レンズ、もう一方が風景や屋外での人物撮影をするための望遠レンズとなっていて、タップ操作で切り替えることができます。

今までのスマートフォンのカメラは広角レンズのみを搭載していて、ズームするときは画面の真ん中を切り出して拡大する「デジタルズーム」という技術が用いられていました。一眼レフカメラに搭載されたレンズ自体を動かす「光学ズーム」は、スマートフォンのサイズに載せるにはレンズ部分が大きくなりすぎるためです。デジタルズームは画像が荒くなるうえに、歪みが大きくなります。
iPhone7 Plusでは画角の異なるカメラを2つ搭載することで2段階の光学ズームができるようになりました。また、広角/望遠の両方のレンズで同時に撮影することで、被写体以外の風景をボケさせる機能も搭載しています。

アウトカメラを2つ搭載したスマートフォンは他にもあります。HUAWEI社のHonorシリーズでは、広角・望遠レンズを搭載したiPhone7 Plusと違って、同じ画角のレンズを2つ搭載しています。
2つのカメラは、輪郭をきっちり記録するのが得意なモノクロセンサーと、色味を記録するカラーセンサーに役割が分かれていて、同時に撮影して合成することで、輪郭がはっきりとしていて、色鮮やかな写真が撮れるようになっています。また、2つのカメラのわずかな視差を利用して撮影した後からでもピントや絞りを調整したりすることも可能となっています。

スマートフォンのカメラはどんどん進化していますが、microSDに保存された写真であれば特殊なカメラで撮影したものでも復旧に対応しておりますので、お気軽に弊社にお問い合わせください。

■メモリ媒体復旧事例