SDカードが発売されて約20年が経過し、ついに1TBの容量を持つメディアが登場しました。

633x_1TB_PR

・Lexar 製品情報

現在のところ日本での発売は未定のようですが、クラス10、UHS-I(U3)、V30(ビデオスピードクラス)となっており、読み取り速度が最大95MB/s、書込み速度が最大70MB/sの高速データ転送が可能で、まさに動画を大量に取り貯めるための仕様になっています。
ビデオスピードクラスとは、最低保証速度を表示したものでV30は「1秒間に最低30MBはデータ転送できる」という意味になります。

一般的には8K解像度の動画を保存する際にはV30~V90、フルHD解像度ではV6~V30が推奨されています。
書き込み速度が遅い場合でも大きなバッファ(一時的にデータを記録するメモリ)があれば、短時間は程度対応できますが、長時間の録画になる場合はより安定した大きな転送速度が必要となります。そのため、最大速度だけではなく最低保障速度も重要になります。
高画質で長時間の動画撮影を考えている場合には、その画質に対応するビデオスピードクラスのSDカードを使用するのが無難といえるでしょう。

・SDアソシエーション スピードクラス規格/動画撮影のための規格

なお、SDカードがどんなに高性能になっても不注意によるデータ消失、意図しない故障によりデータを失ってしまう可能性はあるため、定期的なバックアップを忘れないようにしてください。
トラブルが発生しデータが取り出せなくなった場合には、弊社データ復旧サービをご検討いただければ幸いでございます。

・SDカード/microSDカードの復元事例
・SDカードについて
・SDカードリーダーやアダプタの使い方