現在位置を知るためのシステム、GPS(Global Positioning System)は、以前はカーナビなどの限られた機器に搭載されていましたが、スマホの普及に伴い、より身近なものになりました。

現在、約30機のGPS用の人工衛星が軌道上にあり、それぞれが正確な現在時刻の情報を常に発信しています。GPS受信機は複数の衛星から信号を受信して、光の速度が一定であることを利用し、それぞれの衛星からの距離を計算することができます。その計算結果を用いて受信機の位置(経度・緯度・高度)を割り出しています。
原理上は最低4つの衛星から信号がキャッチできれば現在位置を特定可能ですが、大気の状態による信号の遅延や、ビル街の反射ノイズがあるため、衛星を捕捉できる数が少ないと誤差が大きくなってしまいます。


vol30_img02


今まではGPSといえばアメリカのものでしたが、現在はロシアの「GLONASS」やEUの「ガリレオ」といった同様の人工衛星を使った測位システムも構築されています。
複数の測位システムから信号をキャッチするGPS機器も増えており、iPhoneもiPhone 4SからはGPSとGLONASSの両方を利用することで、より多くの衛星からの信号をキャッチして、誤差の少ない測位ができるようになっています。

日本でも準天頂衛星システム(QZSS)を構築し2018年より人工衛星「みちびき」を4機体制で運用を開始し2023年には7機体制で運用する予定です。この衛星はGPSで用いられる地球を半日で一周する円軌道ではなく、8の字型の準天頂軌道という特殊な動きをします。この軌道は日本の真上に近い位置に長くとどまるので、空が開けていないビル街でも信号を受信しやすく、GPS機器が捕捉できる衛星数を増やすことができます。その結果、誤差が小さくなり測位精度を向上させることが期待されます。

GPSの用途は主に地図やナビゲーションアプリですが、たとえばカメラで撮影した写真や動画に位置情報を付加することで、あとで撮影した場所を確認できたり、SNSにアップロードした際に地図上に撮影地点を表示させたりすることも可能となりました。
また、ポケモンGOなどの位置情報を取得するゲームや、ジョギング・サイクリングでの走行距離・コースの記録などでも利用されています。
子供のみまもりや荷物のタグとして使用可能なGPS対応機器も発売されており、今後もいろいろな機器に搭載されることが予想されます。

弊社でも位置情報の付加された動画や画像などを復旧できる可能性はございますので、消失などでデータ取り出しが必要な場合は弊社にご相談ください。
■GPSについて
■データ復旧事例(SDカード) 
■メディア解説(SDカード)