通常、スマートフォンのカメラで写真を撮るとJPEG(ジェイペグ)という形式で画像が保存されます。iOS11以降のiOSではHEIF(エイチイーアイエフ・ヒーフ)形式が標準で採用されるようになりました。HEIFはHigh Efficiency Image File Format(高効率画像フォーマット)の略で、その名の通り高画質でありながら小さな容量で済む”効率のいい”画像形式となっています。ファイル名の末尾に「.heic」の拡張子がつきます。

いままで、iPhoneで写真を撮ると被写体にもよりますが1枚あたり2.5MBほどの容量になっていました。それが、HEIF形式だと半分の1.25MB程度に抑えられるといわれています。

また、HEIF形式は1ファイルの中に複数の画像を格納できるという機能を持っています。iPhoneで写真を撮るときにシャッターボタンを押しっぱなしにすると「バーストモード」と呼ばれる連写が可能ですが、JPEG形式の場合は20枚連写すれば20枚のJPEGファイルが生成されることになり、単純に20倍の容量を使います。それが、HEIF形式だと10枚でも100枚でも1ファイルでおさまります。連写なので、1枚1枚の違いは小さく、2枚目以降はその差分だけを記録するだけでよくなり、ファイルサイズは格段に小さくなります。

HEIF形式は良いところばかりではなく、「互換性」という部分で問題を抱えています。JPEGは1992年に提唱された古い規格で、無料で使用可能なのに対し、HEIF形式に対応したソフトは特許料を支払う必要があります。いまのところ、HEIF形式を標準で採用しているOSはiOS11とmacOSの最新版High Sierra(macOS10.13)ぐらいです。

現在はHEIF形式のファイルをそのままiPhone/Macユーザ以外に渡しても表示できないため、iPhone撮ったHEIF形式の写真を他の人に渡す際には自動的にJPEGに変換される仕組みになっています。
しかし、今後は、HEIF形式に対応したソフトやオンラインストレージサービスが増えて、HEIF形式のままやり取りできるようになるといわれています。

データレスキューセンターでは、HEIF形式など最新のデータ形式のデータ復旧にも対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

vol31_img01

■画像フォーマットについて
■データバックアップ入門
■WindowsとMac間でのデータのやり取り
■拡張子について
■動画フォーマットについて