皆さんはデジカメや携帯電話等の写真データをパソコンに取り込むときにどのような操作をされているでしょうか?
写真をパソコン内に「移動」させるのは、あまりお勧めできる方法ではありません。
なぜならば、データの移動中にパソコンがフリーズや再起動するなどのトラブルが発生したときに、データが移動先に移動できず移動元からも無くなってしまうことがあるからです。
そのために、データは「移動」ではなく「コピー」で行うことをお勧めします。
コピーだと前述のようにトラブルが発生してもコピー元にデータが残る可能性が高くなるので、データが完全に無くなるリスクが低くなります。

また、データをパソコンにコピーしたことでバックアップが済んだと思われている方も多いかと思いますが、実はこれだけでは不十分です。
例えばデジカメのメモリカードは、何年分もの画像を入れておけるほど容量は大きくないので、パソコンにコピー後にデータを削除することが良くあります。その場合、メモリカード内から消されたデータについてはパソコン内にしか存在しない状態になります。すると、パソコンに障害が発生してしまったときに、データが失われてしまいます。
弊社ではメモリカードの削除データの復旧も行っていますが、すでに上書きされてしまっていると部分的にしかデータが復旧できない可能性があります。さらに故障したパソコンも致命的な障害だった場合、どちらからも復旧できないという最悪のケースも起こりえます。

このような事態を避けるにはパソコン本体ではなく、外付けHDDやDVD、オンラインストレージなど複数個所・複数種類のバックアップ先を利用しておくことがお勧めです。

なお、Androidスマートフォンの本体のデータは、メモリカードにバックアップデータできるようになっていますが、保存先のメモリカードにトラブルが発生するケースがあるため、これだけでは不十分といえます。
スマートフォンのデータはパソコンや携帯電話に対応したUSBメモリなど、携帯電話の外へデータをバックアップさせることが望ましいです。

しかしながら、どれだけ留意してもデータを失うリスクは日常的に存在します。
万一の際は、データレスキューセンターにお気軽にご相談ください。

vol33_img01

・データ消失を回避する方法
・データバックアップ入門
・パソコンがなくてもできるデータ保護
・初めてのお客さまへ