夏はパソコンのトラブルが増える季節です。
暑くなると、熱暴走によりパソコンの動作が遅くなったり、起動しなくなったりします。熱暴走の対策としては、パソコンを分解して、掃除機やエアダスターで埃を落とし、風通しを良くするのが良いでしょう。分解が難しい場合は、掃除機で吸気口などから吸い取るだけでも効果があります。
ノートパソコンの場合は冷却パッドを貼りつける、ファン付きの台座に乗せるなどの対策がありますが、ノートパソコンと机の間に隙間を作るだけでも放熱が期待できます。
デスクトップパソコンもノートパソコンも機種によって発熱具合が違いますので、状況に合わせて対策を取りましょう。

夏場は、落雷による故障もあります。
UPS(無停電電源装置)を導入することで不意の停電、落雷に備えることができますが、本体価格やランニングコストを考えると、家庭では導入しにくい面もあります。
安価な対策として停電には対応できませんが、雷サージ対応のOAタップを利用することで雷による過電流への対応は可能です。

オムロン UPS製品一覧

また、台風などによる水濡れでの故障があります。
パソコンを床の上に置いている場合、床上浸水で水に浸かってしまいますが、一段高くすることで回避できる可能性があります。ただ、不安定な所に置くと転倒により故障する可能性がありますので、十分ご注意ください。

熱暴走、落雷、水没などで起動しなくなったPCからも、データ復旧を行える可能性は十分ございますので、もしもの際はご相談いただければ幸いです。

vol06_img01

パソコンの熱暴走と対策
データ復旧と災害対策