外付けHDDやUSBメモリなどにデータを保存し続けていくと、やがて到達する問題点があります。そう、空き容量の不足です。
空き容量が少なくなるとより容量の大きい媒体にデータを移して継続使用されることが多いですが、以前の媒体はどうされるでしょうか?
出来ればそのまま再利用せずに保管しておくことをお勧めします。

データを移した先の新しい媒体に何らかの不具合が発生したり、誤ってデータを削除してしまったりしたときに以前の媒体からデータを取り出すことが可能だからです。つまり、そのままバックアップの媒体として活用することができるので、そのまま保管しておくことが望ましいといえます。

それでは、新しい媒体にデータを移す場合は切り取りとコピーのどちらが良いのでしょうか?答えは言うまでもなく「コピー」することがお勧めです。
データの切り取りを行うと、データの移動中に何らかのトラブルが発生したときにデータの移動元・移動先のどちらからもデータが消えてしまうことがあるからです。そのため、データを移す場合は切り取りではなく、コピーで行うのが望ましいといえます。

外付けHDDにはHDDメーカー製のコピーソフトが付属していることが多いので、そちらを利用すると良いでしょう。

しかしながら十分備えていたとしても、人為的なミスやトラブルによりデータを失ってしまうリスクは完全に逃れることは困難です。
万一の際は、お気軽にご相談ください。

vol33_img01

■データ消失を回避する方法

■データ保護ノススメ

■データバックアップ入門