データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

AndroidのmicroSDカードにも対応しています

iPhoneに代表されるスマートフォン(スマホ)の普及はなおも進み続けています。
一時期はiPhoneの独壇場だった日本市場ですが、最近ではAndroidの台頭も進み、様々なスマホが市場に出回っています。Androidスマホでは本体の内蔵メモリ以外にmicroSDカードにデータを保存できるようになっているものが多く、スマホの普及に伴い、弊社でもmicroSDカードの復旧のご依頼が非常に増えてきています。
type_img_03

復旧事例:SDカード(メモリーカード)

最近では128GBという大容量のmicroSDカードも市場に出始めており、大量のデータをスマホに入れて持ち運びができるようになってきました。撮影した写真や動画、ダウンロードした音楽などを、いつでもどこでも楽しむことができます。
しかし、microSDカードは非常にデリケートな媒体です。曲がったり傷が入ったりしてしまうとデータ復旧が不可能になる場合があります。microSDは内部の回路や基盤、チップといった部品が一体型の構造になっており、カード自体が物理的に損傷してしまうとデータ領域に電気的にアクセスすることができなくなってしまうためです。デジカメで使用する通常サイズのSDカードやUSBメモリであれば分解して、より詳細な調査ができますが、分解することができないmicroSDはカード自体が壊れてしまうと復旧の手立てがなくなってしまいます。

また、microSDカードなどに搭載されるフラッシュメモリは大量のデータを長期間保存するのに向いていないという側面もあります。書き換え回数に上限があり、使用しない期間が長いとデータが消失してしまいます。
さらに、直前まで問題なく使用できていたものが、突然認識されなくなるという事例も珍しくありません。

コンパクトで便利なmicroSDカードですが、ハードディスクやUSBメモリなどと比べていざという時に取れる手段が限られている媒体ともいえます。microSDにだけデータを保存するのではなく、他のメディアにもバックアップを取るようにしましょう。
GoogleDriveやiCloudなどのオンラインストレージサービスを利用するのも有効です。また、定期的にスマホからパソコンにバックアップを行うのも手軽でお勧めです。大事なデータの入ったフォルダを丸ごとパソコンにコピーするだけなので、複雑な操作も必要ありません。

バックアップやパソコンの基本的な知識に関しては、弊社HPでもご紹介しておりますのでご覧ください。

特集:データバックアップ入門
特集:いまさら聞けないパソコン基礎知識

SLC、MLC、TLCのSSDの違い

廉価で大容量なSSDが市場に出回り始めていますが一言でSSDといってもデータの記録方式によって複数の種類があるのはご存知でしょうか?
主に、SLC(シングルレベルセル)、MLC(マルチレベルセル)、TLC(トリプルレベルセル)と呼ばれて区別されています。
SSDなどのNADA型フラッシュメモリはセルと呼ばれる記憶素子にデータを記録します。SLCではこのセルに1bit単位でデータを記録します。
それに対し、MLCは2bit単位、TLCは3bit単位で記録するものとされています。MLCはその名のとおり複数(マルチ)のデータを1セルに記録するものを指すので、3bitを記録するTLCもMLCの一部に含まれますが、一般的にはMLCは2bit単位で記録するものを指すことが多いです。
img_01


一般向けにSSDが出回り始めたのが2008年頃で、当時は主にSLCでしたがほどなくして2bit記録のMLCのモデルも発売されました。
SLCはセルに1bit単位でデータを記録するので速度面と信頼性で優位でしたが、その分1つのセルに書き込めるデータ量は少なく、価格の面で不利となります。そのため、SLCは高信頼性や速度を求められるサーバ用途のみとなり、一般向けはMLCが主流となりました。
その後更なる大容量化、低価格化のニーズが高まり3bit記録のTLCが製品化されました。容量と価格の面では有利ですが信頼性ではSLCやMLCには劣るといわれています。

SSDは、セルにデータを記録する際に酸化被膜を通して電子をやり取りし書き込みや消去をおこなう仕組みでデータを記録していますが、やり取りを行うたびに酸化被膜が劣化していきます。セルの寿命はSLCでもTLCでも同じとすると、やり取りするデータの量が多くなるTLCのほうが寿命は短くなる傾向にあるといえます。
しかしながら、データの書き込みを制御するコントローラーの改善などで速度や寿命は改善し、現在発売されている製品では初期のSLC製品の2倍の速度を持ちつつ、容量も1TBに迫るTLCの製品も発売されています。

SSDは信頼性や寿命に関して、日々進歩している製品ではありますが、初期のSSD製品は寿命を迎えつつあります。もしもデータが読みだせなくなった場合は弊社をご利用ください。SLC・MLC・TLCいずれのタイプのSSDにも対応しています。

■データ復旧事例(SSD) 
■メディア解説(SSD)

外付けハードディスクの解説を追加

「いまさら聞けないパソコン基礎知識」に外付けハードディスクの解説を追加しました。
さまざまな種類が存在する外付けハードディスクのそれぞれの特徴や、利用シーンごとに適したハードディスクを紹介しています。

vol07_img01

SSDのメリット

SSDはHDDと比較するとデータの読み込み/書き込み速度が高速であるというメリットがありますが、記憶容量が小さいというデメリットもあります。しかし3D NANDと呼ばれる新しい技術によりSSDの大容量化が進んでいます。
まだ製品化されていませんが、Samsungから16TBのSSDが発表されています。価格面ではまだまだHDDのほうが有利ですが、近い将来にSSDの容量はHDDを超えることになるでしょう。


img_01

SSDはHDDに比べ、省電力で、アクセス速度も速く、衝撃にも強く、容量もHDDを超えることになります。あらゆる面でSSDがHDDと比べて有利になっていますが、データの保存期間についてはどうでしょうか。
半導体技術を標準化する団体「JEDEC」が発表した「JEDEC SSD Specifications Explained」という資料によると、一般ユーザ向けのSSDでは電源OFF時の温度が25度で使用時の温度が40度などの特定の条件下で、2年間は3%以下の故障率になるよう設計されていると説明されています。また、企業向けモデルではより厳しい条件となっています。

さらに、ここで電源OFF時の温度を30度,35度と5度単位で上昇させると、3%以下の故障率を保証できる期間が1年、半年と半減していきます。
オフィスや一般家庭で使用する際に、室内の温度が極端に上がるケースはほとんどないかと思いますが、SSDをご利用される場合は温度に注意してください。
SSDはHDDと比べると可動部分がないので発熱が少なく、熱に強いと思われがちですが、極端に温度の高い場所で使用すると、データが早く消えてしまう可能性が高くなります。

また、このようなケースで消失したデータは、データ復旧では元には戻りません。重要なデータはこまめにバックアップをとるように注意しましょう。
もちろんSSDの故障などでデータが取り出せない場合は、弊社で復旧できる可能性は十分ございます。その際は一度弊社までご相談ください。

■データ復旧事例(SSD) 
■メディア解説(SSD)

いまさら聞けないパソコン基礎知識「パソコンの熱暴走と対策」を掲載

データレスキューセンターのホームページに、いまさら聞けないパソコン基礎知識「パソコンの熱暴走と対策」を掲載しました。
暑い季節、パソコンやデータを保護するための方法を紹介しています。

vol06_img01