データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

BIOSの代わりにUEFI

最近、UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)を搭載したパソコンが増えています。
UEFIは、BIOS(Basic Input/Output System)に変わる新しいファームウェアで、ここ数年急速に広まっています。
UEFIやBIOSはコンピュータのハードウェアを制御するための最も低レベルの入出力を行うためのプログラムで、パソコンの電源を入れると最初に実行されます。プログラム自体はマザーボード上のROMに記録されていて、HDDからOSを読み出して起動するまでの間、各ハードウェアは、このUEFIやBIOSによって制御されています。
建物でいうところの基礎にあたる部分ですが、通常は操作することがありません。
パソコン上級者がカスタマイズを施したり、あるいはトラブル発生時に設定を確認したりすることがある程度でしょう。

さて、BIOSがより高性能なUEFIに切り替わるとどのようなメリットがあるでしょうか。
従来のBIOSはパソコン黎明期に設計されたもので、多少の拡張はありましたが、何十年もそのまま使用され続けてきました。しかし、古い設計であるため仕様上の限界があります。例えば3TBのHDDからは起動できないなどの制限があります。
それがUEFIになることで、起動ドライブのHDD容量制限はなくなり、設計の自由度が増し、機能も大幅に強化できるようになっています。
BIOSではシンプルなテキストのみだった画面も、グラフィカルなデザインが利用可能になり、マウスで直感的に操作することもできるようになっています。
また、パソコンの中の情報を盗んだり、破壊したりするマルウェアの中には、OSが読み込まれる前に動作するタイプのルートキットと呼ばれるものがありますが、UEFIのセキュアブート機能を使えば、デジタル署名が施されていないソフトウェアは読み込まれなくなるので、ルートキットを無効化して安全にOSを起動することができます。

BIOSからUEFIへの変更は、データ復旧の現場においても、影響を受けています。
一部の復旧作業においてそれまで使用していたプログラムが対応できなくなることもありましたが、データレスキューセンターではこういった環境の変化に対応して、復旧技術も常に新しいものに改良しておりますのでご安心ください。

■初めてのお客さまへ

■データ復旧事例

MFTって何?

Windowsを利用していると、たまに目にする事があるMFTという単語。
これは、Master File Table(マスターファイルテーブル)を略したものです。

Windowsでは、NTFSというファイルシステムを利用できますが、MFTはNTFSパーティション一つずつに記録されていて、パーティション内のどの場所にファイルがあるかの情報を持った、本で言う目次のような情報となります。
MFTはパソコンでファイル操作をするたびに書き換えられますので、パソコンを起動しているだけで常に更新されています。

MFTは非常に重要なものなので壊れにくいようになっていますが、OSの不具合やハードウェアのトラブルなどで破損してしまうことがあります。
パソコンを使っていて、突然にファイルが消えてしまった、文字化けしてしまった、フォルダへのアクセスができなくなったという場合は、MFTが壊れた可能性があります。
また、容量の小さいファイルによっては、MFT内にデータ本体が書き込まれるので、MFTが壊れてしまうとデータが完全になくなってしまうこともあります。

MFTが壊れたのであれば、MFTを修復すればいいのではという話になりますが、この修復が非常に厄介です。
壊れてしまった場合の為に、NTFSパーティションにはMFTのバックアップ(ミラーファイル)が保存されています。
通常、MFTが壊れた場合はこのバックアップでオリジナルのMFTを上書きすることになりますが、ミラーファイルはオリジナルの情報が更新されたタイミングで同時に更新されます。そのため、状況によってはオリジナルのMFTとバックアップのMFTの両方が破損した状態となり、修復が困難になってしまうこともあります。

実際に、MFTを修復する際には、フリーソフトのTestDiskなどが使えます。
オリジナルのMFTファイルの内容がバックアップのMFTファイルと異なる場合に修復することができますが、データを復旧するのではなくオリジナルのMFTのファイルをバックアップのMFTファイルの情報に書き換えるだけの動作となります。
認識できなくなったハードディスク等に対して、物理障害がなければTestDiskを使用する事で認識できるようになることもありますが、使っていたデータがなくなってしまう事もありますし、操作を間違うと、データの復旧ができなくなることもありますので、ご使用される際は十分にお気をつけください。

チェックディスクメッセージ


また、MFTを修復するための機能はWindowsにも存在します。
チェックディスクがその機能ですが、目的はあくまでもMFTの修復となり、データの復旧ではありません。
MFTの修復でデータが復旧できる場合もありますが、Windowsにとっては何が重要なデータなのかは分からないので、チェックディスクを行うことで、逆にデータが消えてしまうことがあります。

パソコンに外付けハードディスクを接続した場合、チェックディスクをするか聞かれることもありますが、上記の理由からチェックディスクをそのまま行うことはお勧めできません。もし、チェックディスクのメッセージが出てくるようであれば、早めにハードディスクに保存されているデータは、別のハードディスクなどにバックアップされることをお勧めいたします。

データレスキューセンターでは、MFTが破損したハードディスクからの復旧ももちろん対応しておりますので、万が一の際はお気軽にお問い合わせください。


データの復旧率を下げない為の10のルール 3: チェックディスク/スキャンディスクを行わない

重度物理障害HDDのデータ復旧をご依頼いただいた朝日エティック様の声を公開

ヘッド系の障害/リードエラーにより正常動作しない重度物理障害HDDのデータ復旧をご依頼いただいた朝日エティック様の声を公開しました。

キャプチャ

ファイル・フォルダのタイムスタンプの解説を追加

いまさら聞けないパソコン基礎知識に、「ファイル・フォルダのタイムスタンプ」のページを追加しました。

vol08_img01

microSDカードのデータ復旧をご依頼いただいた広島テレビ放送様の声を公開

I/Oデバイスエラーで正常に認識できないmicroSDカードのデータ復旧をご依頼いただいた広島テレビ放送様の声を公開しました。

キャプチャ