データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

SLC、MLC、TLCのSSDの違い

廉価で大容量なSSDが市場に出回り始めていますが一言でSSDといってもデータの記録方式によって複数の種類があるのはご存知でしょうか?
主に、SLC(シングルレベルセル)、MLC(マルチレベルセル)、TLC(トリプルレベルセル)と呼ばれて区別されています。
SSDなどのNADA型フラッシュメモリはセルと呼ばれる記憶素子にデータを記録します。SLCではこのセルに1bit単位でデータを記録します。
それに対し、MLCは2bit単位、TLCは3bit単位で記録するものとされています。MLCはその名のとおり複数(マルチ)のデータを1セルに記録するものを指すので、3bitを記録するTLCもMLCの一部に含まれますが、一般的にはMLCは2bit単位で記録するものを指すことが多いです。
img_01


一般向けにSSDが出回り始めたのが2008年頃で、当時は主にSLCでしたがほどなくして2bit記録のMLCのモデルも発売されました。
SLCはセルに1bit単位でデータを記録するので速度面と信頼性で優位でしたが、その分1つのセルに書き込めるデータ量は少なく、価格の面で不利となります。そのため、SLCは高信頼性や速度を求められるサーバ用途のみとなり、一般向けはMLCが主流となりました。
その後更なる大容量化、低価格化のニーズが高まり3bit記録のTLCが製品化されました。容量と価格の面では有利ですが信頼性ではSLCやMLCには劣るといわれています。

SSDは、セルにデータを記録する際に酸化被膜を通して電子をやり取りし書き込みや消去をおこなう仕組みでデータを記録していますが、やり取りを行うたびに酸化被膜が劣化していきます。セルの寿命はSLCでもTLCでも同じとすると、やり取りするデータの量が多くなるTLCのほうが寿命は短くなる傾向にあるといえます。
しかしながら、データの書き込みを制御するコントローラーの改善などで速度や寿命は改善し、現在発売されている製品では初期のSLC製品の2倍の速度を持ちつつ、容量も1TBに迫るTLCの製品も発売されています。

SSDは信頼性や寿命に関して、日々進歩している製品ではありますが、初期のSSD製品は寿命を迎えつつあります。もしもデータが読みだせなくなった場合は弊社をご利用ください。SLC・MLC・TLCいずれのタイプのSSDにも対応しています。

■データ復旧事例(SSD) 
■メディア解説(SSD)

外付けハードディスクの解説を追加

「いまさら聞けないパソコン基礎知識」に外付けハードディスクの解説を追加しました。
さまざまな種類が存在する外付けハードディスクのそれぞれの特徴や、利用シーンごとに適したハードディスクを紹介しています。

vol07_img01

SSDのメリット

SSDはHDDと比較するとデータの読み込み/書き込み速度が高速であるというメリットがありますが、記憶容量が小さいというデメリットもあります。しかし3D NANDと呼ばれる新しい技術によりSSDの大容量化が進んでいます。
まだ製品化されていませんが、Samsungから16TBのSSDが発表されています。価格面ではまだまだHDDのほうが有利ですが、近い将来にSSDの容量はHDDを超えることになるでしょう。


img_01

SSDはHDDに比べ、省電力で、アクセス速度も速く、衝撃にも強く、容量もHDDを超えることになります。あらゆる面でSSDがHDDと比べて有利になっていますが、データの保存期間についてはどうでしょうか。
半導体技術を標準化する団体「JEDEC」が発表した「JEDEC SSD Specifications Explained」という資料によると、一般ユーザ向けのSSDでは電源OFF時の温度が25度で使用時の温度が40度などの特定の条件下で、2年間は3%以下の故障率になるよう設計されていると説明されています。また、企業向けモデルではより厳しい条件となっています。

さらに、ここで電源OFF時の温度を30度,35度と5度単位で上昇させると、3%以下の故障率を保証できる期間が1年、半年と半減していきます。
オフィスや一般家庭で使用する際に、室内の温度が極端に上がるケースはほとんどないかと思いますが、SSDをご利用される場合は温度に注意してください。
SSDはHDDと比べると可動部分がないので発熱が少なく、熱に強いと思われがちですが、極端に温度の高い場所で使用すると、データが早く消えてしまう可能性が高くなります。

また、このようなケースで消失したデータは、データ復旧では元には戻りません。重要なデータはこまめにバックアップをとるように注意しましょう。
もちろんSSDの故障などでデータが取り出せない場合は、弊社で復旧できる可能性は十分ございます。その際は一度弊社までご相談ください。

■データ復旧事例(SSD) 
■メディア解説(SSD)

いまさら聞けないパソコン基礎知識「パソコンの熱暴走と対策」を掲載

データレスキューセンターのホームページに、いまさら聞けないパソコン基礎知識「パソコンの熱暴走と対策」を掲載しました。
暑い季節、パソコンやデータを保護するための方法を紹介しています。

vol06_img01

パソコンの消費電力

省エネが叫ばれる中で、パソコンの消費電力も気になるところです。一般的なパソコンの消費電力は、5年前と比べ約45%~51%減少しており、年々減少傾向にあります。

kaden_laptop

「パソコンを使うと電気代が高くなりそう」というイメージがありますが、実はノートパソコンの消費電力は、液晶テレビや蛍光灯よりも低くなっています。
モデルによって違いはありますが32インチ液晶テレビの消費電力は60~70W、一般的な蛍光灯では40Wです。それに対し、ノートPCの消費電力は通常使用時に10W程度しかありません。
デスクトップPCの平均消費電力は50Wほどあるので、節電にはノートPCが向いています。

パソコンの消費電力は、使用状況で大きく変わります。文章作成など、パソコンの性能をあまり使わない処理をしている際には、消費電力は非常に少なくなりますが、複雑な計算が必要で、画面が目まぐるしく変わっていくゲームや動画再生は消費電力が大きく、通常の数倍の消費電力になることがあります。

液晶ディスプレイの消費電力もパソコンの消費電力の多くを占めるので、ディスプレイの輝度を下げることで、消費電力を抑えることができます。
ノートパソコンの場合は、日中はコンセントから外してバッテリだけで使用して、深夜電力の時間帯に充電するという方法もあります。

また、パソコンは起動時・シャットダウン時にも大きな負荷がかかり電力消費が増加します。電気代を節約するということで、小まめにシャットダウンをする方もいますが、頻繁な電源のON/OFFはかえって消費電力が増やすことになります。
マイクロソフトの調査では、90分以内ならスリープ、90分以上使用しないならシャットダウンを推奨しています。

なお、スリープからの復旧時にもパソコンへの負荷はかかるため、スリープモードを過剰に使用するのにも注意が必要です。
数十分間程度であれば、スリープモードを利用しない方がよい場合もあります。

暑い日が続き、電気代やパソコンの熱による故障など注意が必要ですので、適切なパソコンの利用方法をご確認いただければと思います。
万が一故障した場合には、ぜひデータレスキューセンターにお問い合わせいただければ幸いです。
初心者窓口
初めてのお客様へ