データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

ドローンが活躍する未来

無人飛行機「ドローン」をご存知ですか?今日、首相官邸の屋上で見つかったニュースで初めて耳にした方もいるかと思います。
ドローンとは、無人の航空機全般を指します。その起源は100年も前にさかのぼり元は軍事目的で利用されてきましたが、一般化も進んでいて、現在は小型化、低価格化により、様々な分野で注目を集めています。

最近では通販会社のAmazonがアメリカでドローンを使った配送サービスをテスト開始しています。実現すれば注文から30分以内で商品が届くというのも可能になるようです。

災害時にもその力は発揮されており、火事や土砂崩れなど人が入れないような過酷な捜索環境でもドローンは活躍しています。
他にもAED搭載の医療用ドローンや、農薬散布などの農業用ドローン、映画やドラマの撮影用のドローンなどもあります。
コンピュータ制御の小形のドローンを使うことで、ワンカットで屋内から雲の上まで映すようなプロモーションビデオも作製されています。

この映像ではドローン自身は写っていませんが、マルチコプターといわれる回転翼が複数付いたドローンで撮影されています。

マルチコプターは値段も手ごろで、安い製品は1万円程度で手に入ります。スマートフォンで操作できるため、高価なリモートコントローラを同梱する必要がなく、低価格化が実現しています。ドローンに搭載されるカメラモジュールやGPS、制御するCPUなどはスマートフォンの技術が応用されていて、スマートフォンの普及がドローンの進化を促したといえそうです。

個人でも気軽に買えるようになりましたが、250m以上の高さでドローンを飛ばすと航空法に触れることになります。250m以下でも、他人の私有地の上空では土地所有権の侵害、公道の上空では道路交通法に違反する可能性があります。現行の法律上では屋内や、自宅の庭、山、川の上などでしか使うことができません。

制限が多く、現在の日本の法律ではドローンを使った宅配は難しそうです。ただ、ドローンの一種である農薬散布用のラジコンヘリコプターについては、航空法の制限の元ですでに広く運用されていて、日本はある意味ドローン先進国だといえます。
より安全性が高まり、法整備が進めばドローンが荷物を届けてくれる日も来るかもしれません。

個人情報の扱いについて

昨今は個人情報という単語を頻繁に目にするようになってきました。しかし、何をもって個人情報とするか、大まかにでも定義をご存じの方は意外に少ないのではないでしょうか。

個人情報保護法の定義によれば、「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの」が個人情報とされています。また、「他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む」とも記述されています。つまり「個人に関する情報であること」と「特定の個人を識別できること」が重要なポイントです。氏名だけではどこの誰だか特定はできないため、それ単体では個人情報とはなりません。しかし、住所や携帯電話番号などの情報や、身長・体重といったデータとセットになれば、一個人の特定が比較的容易になります。こういった場合は個人情報となるのです。

近年はスマートフォンやタブレットなど携帯性の高いデジタル機器が普及して、SNSやオンラインストレージを使って、どこにいても様々な情報を手に入れることが容易になってきました。しかし、自分が扱う情報の中でどれだけの個人情報が含まれているか意識していないのではないでしょうか。携帯端末だけでなく、パソコンで使うUSBメモリや、携帯電話用のmicroSDカードも同様です。ふだん何気なく持ち歩いているメモリ媒体にも、さまざまな個人情報が詰まっています。

こういった記憶媒体は基本的に消耗品で、前触れなく故障してしまうことは、実は珍しいことではありません。そういった場合、弊社のような専門業者でデータを取り戻すことが出来る可能性は十分にあります。ただ、たくさんの個人情報が保存されたメディアを、見ず知らずの会社に預けることに不安や抵抗を感じる方も少なくないでしょう。

弊社では、情報セキュリティマネジメントの世界規格である「ISO27001」と、個人情報保護の体制を整備している事業者を認定する制度「プライバシーマーク」の認定を取得しています。
iso27001

プライバシーマーク認定取得
https://www.rescue-center.jp/news/press20070608.html

お客様の大事な個人情報を厳正に管理して取り扱う体制を整えておりますので、万が一の際も安心してご利用いただけます。これまでにご依頼いただいたお客さまからのお声もご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

技適マークなし通信機器にご注意

パソコンや携帯電話に、郵便マーク(〒)を丸で囲んだようなマークがついているのを見たことがあるかと思います。
giteki_new


これは、「技適マーク」と呼ばれるもので、その製品が「技術基準適合証明(認定)」の認証が行われていることを示すマークです。

無線LANを搭載したコンピュータや、携帯電話、ワイヤレスのキーボードやマウスなど、国内で販売されている電波を出すあらゆる機器に技適マークが刻印されています。スマートフォンの場合は本体への刻印がなく、設定画面で表示されるものもあります。

このマークがついていると、電波法令で定められている技術基準に適合している無線機として認められていることになります。技適マークが付いている省電力の機器であれば無線の免許を持っていない人でも使用できますが、マークがついていない機器は使用した場合に電波法違反になる場合があります。

なぜ、このようなマークがあるかというと、高出力の電波を発してしまうような、基準に適合していない機器を使用することを防ぐためです。高出力の電波機器を不正に使用すると、機器の周りで携帯電話が使えなくなったり、消防無線などの公共の電波に影響を与えたりします。

公共の電波を安心して使うための大事なルールではありますが、この技適マークのせいで海外製品を使えないというデメリットもあります。
たとえば、海外からの旅行者が日本国内で携帯電話やパソコンを使うだけで電波法違反になるおそれもあります。東京オリンピックを控え、海外からの旅行者に限り制限を緩めるという動きも出ています。

また、棒の先端にスマートフォンを付けて自分自信を撮るためのセルフィースティック(自撮り棒)には、手元のボタンを押して無線でシャッターを切る機能がついているものがありますが、海外製品には技適マークが付いていないため、国内で使用すると違法となる可能性があります。

インターネット上では海外通販が気軽に使用できるようになっていますが、海外でしか販売されていない製品を購入する場合は注意が必要ですね。

HDDとクリーンベンチ

花粉の季節が近づいてきました。花粉症の方は毎年大変だと思います。こういうときはクリーンルームなどに逃げ込みたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。クリーンルームはその名の通り部屋になっている、空気中の浮遊粒子の数を規定値以下に保つための設備です。半導体工場や、手術室、食品工場の一部などでクリーンルームは使用されています。

パソコンで使われるハードディスクは、高速で回転しているプラッタを、ヘッドが読み取る仕組みになっています。このヘッドとプラッタの間には、10ナノメートルという非常にわずかな隙間しかありません。10ナノメートルは1億分の1メートルで、杉花粉は30,000ナノメートルといわれていますから、その1/3,000程度のサイズです。


img_structure01

そのため、目に見えないサイズのホコリが入るだけでも、HDDを壊してしまうことになります。そのため、ハードディスクの製造工場では、浮遊粒子が混入しないようClass100(1立方フィート当たり500ナノメートル以上の粒子数が100個未満)のクリーンな環境が用意されています。

データを復旧する際にハードディスクの開封が必要となることもありますが、その際には製造工場と同じようにクリーンな環境が必要となり、クリーンベンチ等を使用して物理的処置を施すことになります。

クリーンベンチは机サイズの箱型の装置で、フィルターを通して空気を取り入れ、その洗浄された空気を装置内部に送り込み、クリーンベンチ内の空気を常に外に押し出してクリーンな環境を保つようになっています。ハードディスクの復旧だけでなく、細胞や微生物を取り扱うような会社で、埃や雑菌の混入を防ぎ、無菌状態で作業するためにも利用されています。

まさに、花粉症対策にはうってつけなのですが、クリーンベンチには人が入ることはできませんので、あしからず。

ファイルシステムについて

記録媒体にはファイルシステム(フォーマット形式ともいいます)がディスクの先頭部分に書き込まれており、これによってデータの書き込みルールを定義しています。
よく見かける形式としては、FAT32、NTFS、HFS+、XFSがあります。

FAT32は、Windows95などで導入され現在でもSDカードなどの媒体で利用されています。
対応するOSや機器が多く互換性が高いという特徴を持ちます。その反面、扱える最大サイズが4GBまでとなっており大容量のデータは扱えません。また、2TBまでの媒体にしか使えず、3TB以上のHDDでは領域を分割する必要があります。

NTFSはWindowsNTやWindowsXP以降の標準ファイルシステムで、最近のWindowsの内蔵HDDやSSDはこの形式でフォーマットされます。
FAT32で欠点だった、ファイルサイズ、ドライブサイズに実質的に制限がないことが長所としてあります。ただし、仕様が公開されていないためWindows以外での使用がほぼ困難で、互換性に問題が出る可能性があります。

HFS+は、MacOSX等で使用されるApple社機器の標準ファイルシステムです。
特殊なソフトを使えば、Windowsでも読むことはでますが、ほぼApple社製品のみなので互換性に問題があります。

XFSは、Linuxなどに使用されるファイルシステムで、家庭用としてはネットワークHDD(NAS)などで使用されている場合が多いです。
データの保持の信頼性が高いという利点がありますが、Linux以外ではほぼ読み取りができず互換性に問題があります。

ファイルシステムについてはデータレスキューセンターのサイト上でも詳しく解説しています。

img_filesystem01

いずれのファイルシステムでも問題が発生すると、初期化を促されることがありますが、初期化すると元に入っていたデータの情報も消えてしまうことになります。
弊社ではそういった媒体でも、データ復旧に対応しておりますので初期化を行う前にまず一度弊社にご相談ください。