データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

夏休みの記録は夏休みのうちに!

お盆の時期を過ぎると、いよいよ夏休みも残りわずかです。夏休み期間中は家族そろって旅行に行かれるという方も多いでしょう。旅行中にあちこちで撮った写真や動画がものすごい量になったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。


odekake2

夏は電子機器にトラブルの起きやすい季節です。電子機器は熱に弱く、記録メディアも例外ではありません。直射日光の当たる車中に置かれたデジカメやスマホなどに入れたままのSDカードは長時間高温になることで異常をきたし、撮影したデータが帰宅後に見られなくなってしまうことがあります。
さらに、海や川への行楽も多い時期ですが、そういった際にカメラを海に落としてしまいデータが見られなくなり、データ復旧が必要となるケースは少なくありません。台風や突然の雨に見舞われ、カメラやSDカードが水濡れしてしまう場合もあります。旅行中のカメラの取り扱いには十分注意が必要です。

いまさら聞けないパソコン基礎知識 > データ復旧と災害対策

また、お出かけから帰ってくると疲れ果ててしまい、家でゆっくり休みたいというのが人情です。しかし、もうひと踏ん張り頑張って、データのバックアップをお済ませになるようおすすめします。先に例に挙げたように、お出かけ先ではデータを失ってしまう危険がさまざまありますが、帰宅してしまえばひと安心というわけではありません。
SDカードやCFカード、USBメモリといったフラッシュメモリは、大量のデータを長期間保存する「バックアップメディア」には向いていないという特性があります。通常の利用方法でも、突然故障するというのは十分にあり得ます。記録メディアは消耗品なので、前触れなく壊れるというのは決して珍しいことではないのです。

データ保護ノススメ

データバックアップ入門

なお、最近では交通事故などのトラブルに備えてドライブレコーダーを使用されている方も増えているようです。
ドライブレコーダーは車に搭載されたままなので、普段あまり気にかけている方は少ないかもしれません。しかし、いざ事故などが起きて動画が必要になった際に肝心のシーンが録画できていなかったり、SDカードに異常が起きて動画が見られなくなってしまったりという事例は多いです。また、過去の録画が新しい録画で気づかないうちに上書きされてしまい、重要なシーンの録画データが復旧できなくなっているケースもあります。
ドライブレコーダーのデータも、こまめにパソコンなどにコピーを取るのがお勧めです。ちなみにドライブレコーダーの動画は非常に特殊な作りになっているものが多く、通常のデジカメやビデオカメラのデータよりも、データ復旧の難度は高くなる傾向があります。

ドライブレコーダーの記録メディアは高信頼モデルを

データ復旧が困難な障害・メディア

大切な思い出や重要な記録を失ってしまわないよう、日ごろから定期的なバックアップを心がけ、突然のトラブルに備えましょう。
万が一、大事なデータが失われてしまった際は、まずは一度ご相談ください。

SDカードの復旧事例

1TBのmicroSDカードと容量偽装

1TBのmicroSDカードがSandiskから発売されます。microSDカードを取り扱っている販売店のサイトなどではすでに予約が始まっており、実売価格は発売日時点で10万円を超えるようです。
sandisk-extreme-micro-sd-1tb-main
https://www.sandisk.co.jp/home/memory-cards/microsd-cards/extreme-microsd


1TBのmicroSDカードですと対応する機器も限られており、価格も高額になりますが、普段から4k動画やRAW画像のような高画質のデータを取り扱っている方には、複数枚のカードを持ち歩く必要がなくなり、便利になるのではないでしょうか。

現時点で、1TBのmicroSDカードはまだ市場には出回っていない状態ですが、先日データレスキューセンターに1024GBと記載されたmicroSDカードの復旧依頼がございました。調査したところ、メーカー名も記載されておらず、実際の容量は16GBしかない容量を偽装したカードで、データの復旧は行えませんでした。

このような容量を偽装したカードは、アクセスした際に偽りの容量を表示させるため、実際に使用されている記録チップの容量以上に書き込みができるように見えます。しかし、16GBの記録チップに16GB以上のデータを書き込むことはできないため、それ以降のデータは失われてしまうことになります。

64GBや128GBなど比較的容量が大きく、正規品よりも安く販売されているメモリの中には容量偽装品が多数含まれています。
ネットでSDカードやUSBメモリを購入する際は、価格だけで判断するのではなく、販売されている店舗の情報やお店の評価なども十分確認するようにしてください。とくにオークションサイトや、amazonのマーケットプレイスなど、個人でも参入できる販売サイトは注意が必要です。

このような容量偽造品のカードはデータの復旧は行えませんが、認識しなくなってしまった媒体や、誤ってデータを削除してしまった媒体からはデータが復旧できる可能性がございます。
お困りの際は、お気軽に弊社までご相談ください。

■SDカードについて
■SDカード/microSDカードの復旧事例
■SDカードの構造と動作

安易な初期化にご用心

弊社にお問い合わせいただくなかでもよくある症例として、突如記録メディアが初期化 (フォーマット)を要求されて、指示に従いそのまま初期化してしまうというケースがあります。
従来の携帯電話やデジタルカメラの場合、こういった誤フォーマットでも復旧できる事例が多かったですが、最新の機器での誤フォーマットは復旧が不可能と判断されるケースが増えてきています。これはどういうことなのでしょうか?

vol12_img10

・データの削除・フォーマットについて

記録メディアを初期化した際には、データを書き込むための区画と一緒に、書籍の目次に当たる構造情報も記録メディア内に保存されます。
この構造情報を参照してパソコンや携帯電話、デジタルカメラなどが記録メディア内のどこにどういったデータが記録されているかを把握しますが、何らかの原因でこの構造情報が損傷を受けてしまうと、パソコン等が記録メディアを初期化されていないものと誤って認識してしまうため、初期化を要求してくるというわけです。

ここで初期化を行うと記録メディア内に新たな構造情報とデータ区画が整えられるので、記録メディア内へのアクセスやデータの保存は可能となりますが、今まで記録したデータは消えてしまいます。
では、このような状態でもデータが復旧できるケースがあるのはなぜでしょうか?

実は初期化の方法も2種類あり、簡易フォーマットと完全フォーマットがあります。簡易フォーマットは、以前のデータの痕跡が残っていますが、完全フォーマットではデータの痕跡を根こそぎ完全に抹消してしまいます。
復旧可能と判断されるケースは簡易フォーマットの場合ですが、最近では完全フォーマットをしてしまう機器が増えています。
完全フォーマットを行う機器の一例としてはAndroidを採用した携帯電話や一部のデジタルカメラやビデオカメラがあります。
なぜ完全フォーマットをする機器が増えたのかは不明ですが、情報漏えいのリスクを回避するためではないかと思われます。

フォーマットを行うことにより情報の書き換えは必ず発生するため、データの取り出しが必要なときには、フォーマットは行わないことを推奨いたします。
最新の機器でも、全てが完全初期化を行うわけではなく、完全フォーマットを行う機器でも障害の影響でフォーマットに失敗してデータが残るケースもあるので、あきらめてしまう前にお気軽に弊社までご相談ください。

・よくあるトラブル事例
・データ復旧事例
・データ保存の仕組み

システムの復元とバックアップの違いを掲載

いまさら聞けないパソコン基礎知識にシステムの復元とバックアップの違いを追加しました。

透過型ディスプレイの応用

通常のディスプレイは、電源を切ると真っ黒の状態になって、ディスプレイの奥を見ることができません。一方、SFの世界では、奥が透けて見えるディスプレイに映像が流れて、まるで映像が宙を浮いているように見えるものがよくあります。
現実の世界でも、それに近い技術が多数生まれています。SFの世界ほどくっきりとした映像が出ないものの、透明な板自体が発光して映像を映し出すシースルー液晶という技術があります。シースルー液晶はまだ発展途上の技術なので、応用例は少ないですが、ある程度光を反射する透明な板にプロジェクターのように投影するタイプの透過型ディスプレイの実用例のほうが多いです。

たとえば頭に装着するHMD(ヘッドマウントディスプレイ)で透過型ディスプレイ技術が利用されています。HMDの代表的なものには、Microsoftの「HoloLens」があり、新たに「HoloLens2」が発表されています。



一般的にHMDはVR(バーチャルリアルティ・仮想現実)で使用され、装着すると仮想世界の映像の中に飛び込めますが、視界を完全にふさがれるので現実世界が全く見えなくなります。
一方、HoloLensは透明のディスプレイを使用しているので、仮想世界と現実世界を混ぜて表示できます。これを、MR(ミックスドリアリティ・複合現実)と呼びます。
透過型ディスプレイの応用としては、車のフロントガラスなどに情報を映し出すHUD(ヘッドアップディスプレイ)という技術もあります。HUDは、戦闘機のコクピットなど軍事方面で開発されていました。自動車を運転するうえで速度メーターやカーナビを見るたびに前方から視線を外す必要があり、場合によっては危険を伴うことがあるので、顔を動かさずに情報が読めるHUDが注目されています。

残念ながら弊社ではHMDやカーナビ本体のデータ復旧は対応しておりませんが、ドライブレコーダーで利用されているmicroSDやパソコン本体からのデータ復旧は対応しております。
万が一、データ救出が必要な場合にはお気軽にお問い合わせください。

・データ復旧事例 パソコン
・データ復旧事例 microSD