データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

スマートフォンのデータバックアップのやり方

データのバックアップとは一口に言ってもやり方は色々あります。バックアップは、常に二重三重にデータを残しておくというのが基本となります。データの複製先は、HDDやSDカードなどのメディア以外にも、ネットワーク上のオンラインストレージもあります。たとえば本体とmicroSDカードに二重にデータを持っている場合では、本体が壊れてしまうような事故や紛失で、一度にデータが失われるリスクがありますが、オンラインストレージならその心配はありません。

ただし、間違ってバックアップ先のデータを消してしまった場合に、HDDやSDカードなら消してしまったデータを復旧することが可能ですが、オンラインストレージでは復旧することができません。また、オンラインストレージはデータ容量の制限があったり、サーバー提供元のサービス方針次第で突然対応が変わったりすることもありうるのがデメリットとなります。

iPhoneの場合、具体的にはAppleが提供するオンラインストレージ「iCloud」を利用することになります。
最初にiPhoneをセットアップする際にApple IDを取得してiCloudを使うように設定すれば、あとは自動で写真やアプリのデータをiCloudのサーバー上にコピーできます。
iCloudへの同期はWi-Fi接続時に限定されるので大量のデータバックアップで通信制限を超えることはありません。なお、無料で使えるiCloudのデータ量は5GBまでなので、多くのデータを保存したい場合は有料のオプションを契約する必要があります。

PCにiPhoneのバックアップを取る場合は、iPhoneを接続した状態でiTunesを起動して「今すぐバックアップ」を押すだけです。「バックアップを暗号化」にチェックを入れておくとバックアップ用のパスワードを入力する必要がありますが、Safariで保存したパスワードやWi-Fiの設定など、パスワード情報を含んだデータがバックアップに含まれるようになり、バックアップから復元後の作業が楽になります。
iCloudでのバックアップと併用可能なので、両方にバックアップすると良いでしょう。

Appleの公式のバックアップツール以外にも、写真などのデータのみであればFlickrやGoogleドライブ、Dropboxなどのクラウドサービスで多重バックアップすることが可能です。
Androidスマートフォンの場合、iCloudの代わりにGmailアカウントでオンラインストレージにバックアップが可能です。
設定画面の「バックアップとリセット」で設定をONにするとGoogleのサーバーに各種設定がバックアップされます。
写真や動画もバックアップする場合はGoogleドライブを使います。フォトアプリの設定画面で「バックアップと同期」を選択すると自動的にバックアップされます。
Google以外のサードパーティ製バックアップアプリを使っても良いでしょう。

また、AndroidはiPhoneとは違ってmicroSDカードを使ったバックアップが可能です。
画像等を本体からmicroSDカードに移して、それをパソコンに取り込むことができます。パソコンを持っていなくても、いったん本体にデータをコピーしてバックアップ用の別のmicroSDカードにデータをコピーすることもできます。

スマートフォンのバックアップを行う際に注意する点としては、標準のバックアップツールは初心者でも簡単にバックアップができるようになっていますが、全てのデータがバックアップされているとは限らないということです。
一般的には電話帳や通話履歴、スケジュール、メール、画像・動画などがバックアップ対象になっていて、ゲームのアカウント情報や、LINEのトーク履歴のデータなどは通常、バックアップ対象になっていません。そういった後から追加したアプリケーションのデータのバックアップを忘れないようにしましょう。ゲームの場合は、機種変更の時に使用する「引き継ぎコード」を発行しておけば、バックアップから復元後にデータの引継ぎが可能になるものが多いです。

スマートフォンで利用していたmicroSDカードが壊れた、間違ってmicroSDカードのデータを消してしまった場合は、ぜひデータレスキューセンターまでご相談ください。

vol24_img01

パソコンがなくてもできるデータ保護
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol24.html
メモリーカードのデータ復旧事例
データバックアップ入門
スマートフォンとタブレットについて

チェックディスクでデータが壊れる

パソコンにUSBメモリ等を接続した際に「スキャンして修復しますか?」と表示されたり、外付けHDDなどを接続したままPCの電源を入れた際に「Checking file system on…」と表示されたりすることがあります。
これは「スキャンディスク」もしくは「チェックディスク」と呼ばれるWindowsに標準装備されている機能です。たとえば記録メディアの使用中にパソコンの電源が切れたり、安全な取り外しを行わずに記録メディアを抜いてしまったりなどして、記録メディアにデータが正常に記録されなかった場合に、Windowsのファイル管理情報に異常がないかを確認し、異常が認められた場合に管理情報を修復します。

表示に「修復(推奨)」や「Check」という文字があるので、指示に従って進めてよいと判断されがちですが、この指示に従って修復を進めると、場合によってはデータが記録メディア内からなくなってしまうことがあり、データ保護の観点からみれば、この指示に従うことはご法度といえます。
また、記録メディア自体に物理的な損傷の前兆が見られる場合にもスキャンディスクが作動する場合があります。
スキャンディスクを促す表示が出た場合は、別の記録メディアにデータを退避したあとでチェックディスクを実施することをお勧めします。

データレスキューセンターでもチェックディスクからのデータの復旧例は多数ございます。ただし、データの順番などを直接的に書き換えたり、元々存在していたデータの痕跡を断片化させたりするケースもあり、このような場合だと復旧可能なデータが極端に少なくなることがあるため、復旧作業の難易度は高くなる傾向にあります。
うっかりチェックディスクを実行してしまった場合は、まずは弊社にご相談ください。

vol37_img01

■チェックディスクとデータ復旧
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol37.html
■データの復旧率を下げない為の10のルール
■個人でデータ復旧を行う場合の危険性
■初心者窓口 よくあるトラブル事例

間違ったバックアップをしていませんか?

バックアップという単語はよく聞きますが、正しく理解して実行されている方は意外と少ないのではないでしょうか。また、普段は定期的なバックアップを心がけていても、忙しくてついついバックアップを怠っていた、というケースもありそうです。

copy_and_paste


よくいただくお問い合わせの中に、「バックアップに使っていたHDDやUSBが壊れた」という例がありますが、一か所にしかデータが無いのはバックアップとはいえません。
バックアップとは本来、「予備の」「代替の」といった意味を持つ言葉です。デジタルデータに関していえば、機器の故障や不具合によって大事なデータが失われた際に困らないよう、データのコピーをして別途保管しておくものを指します。

バックアップは、使用している機器(PCや携帯電話など)とは別の機器に保管するのが一般的です。使っている機器にバックアップデータを作成しても、その機器に障害が発生した場合はデータを取り出すことができなくなり、バックアップデータを作成した意味がありません。USBメモリやSDカード、PC本体や外付HDDもごく一般的な工業製品であり、前触れなく突然故障することは決して珍しくないので、バックアップは物理的に別の場所に作成しておく方が賢明です。

機器の故障などの際に、メーカーや販売店の保証期間内であれば修理や交換といった対応が可能です。しかし、保存データはユーザーの自己責任で管理するものというスタンスで、メーカーや販売店は保存されていたデータには関知をしない場合がほとんどです。メーカーの補償によって失われたデータが戻ってくるようなケースはほぼありません。

HDDの不具合や故障の際のリスクを減らすため、RAIDと呼ばれる環境を利用した特殊な外付HDDもあります。家電店などで販売されるケースも増えており、昨今では一般的な家庭でも利用できるようになってきています。

■RAIDについて

しかし、RAIDも決して万能ではありません。RAID環境の崩壊によってデータが消失し、弊社へご依頼いただく事例も増えています。

バックアップは、「同じデータが常に二か所以上に存在する状態」を作るのが鉄則です。GoogleDriveやiCloudなどのオンラインストレージを利用するのも有効ですが、その際はIDやパスワードの管理を確実に行う必要があります。
バックアップの手法に関しては弊社HPでもご紹介しておりますのでご覧ください。

■データバックアップ入門

写真や動画を撮影中に障害が発生し、保管前のデータが消失する例もあります。バックアップする前に機器が壊れるといった事例も珍しくはありません。
万が一データが消失してしまった際は、慌てずに一度弊社へご相談ください。

転送で大事なメールをバックアップ

携帯電話でメールのやりとりを行うことが一般的となり、パソコンではメールを使わないけど、携帯電話では使っているという方が多くいらっしゃいます。
パソコンと違い携帯電話でのメールは利便性が高い半面、バックアップを行っていないと、携帯電話が壊れた際にメールデータを全て失ってしまう可能性があります。


computer_email

Gmailなどのクラウド対応のメールアドレスは、データが携帯電話本体ではなくサーバーに保存されているので、意図的にデータを削除しない限り携帯電話が壊れても機種変更しても残り続けますが、携帯電話会社が提供するメールアドレスは本体の故障での消失のリスクがあります。
壊れてしまった携帯電話からの復旧は弊社では行っておらず、対応している会社も少ない状況です。

スマートフォンではバックアップアプリが用意されていて、microSDへバックアップを行うことができる機種があります。
バックアップアプリを利用することで簡単にオンラインストレージやmicroSDへデータを保存することができますが、そういったバックアップアプリの場合、同じ機種や同じメーカーでしかバックアップしたデータを読むことができない可能性があります。そのため、携帯電話を買い換えた際にバックアップデータが読めなくなる場合があります。
パソコンでメールを利用できる環境がある場合は、バックアップしたい特に大切なメールを「転送」でパソコンのメールに送信することで、携帯電話からパソコンへメールのバックアップが行えます。

バックアップアプリを使う場合と違い、多数のメールをバックアップするのには向きませんが、アプリをインストールする手間が不要で手軽にバックアップできます。また、携帯電話の機種を変更した場合でも、バックアップしたメールデータを携帯電話に送ることで、機種が変わっても以前のメールを見ることが可能です。メール本文のバックアップ以外にも、メールに写真を添付して送ることで、大事な写真をバックアップすることもできます。
携帯電話、microSD、パソコンのいずれも突然壊れてしまう可能性はございますので、日頃からバックアップを行うことをおすすめ致します。

弊社では携帯電話からの復旧は対応出来ませんが、microSDやパソコンからの復旧は対応しておりますので、もしもの際はご相談いただければ幸いです。

■SDカードの障害
■SD/microSDカードの復旧事例
■SDカードリーダーやアダプタの使い方

復旧ソフトを使えば自分でデータ復旧できる?

データが消えたなどのトラブルに手軽に対応できるよう、家電量販店やネット上でデータ復旧用のフリーソフトや市販ソフトが数多く出回っています。
しかしながら、データ復旧のお問い合わせいただく中に、ソフトを試してみたがうまくいかなかったという声を実際に多く耳にします。

結論から言えば、データ復旧に対する知識が不足している中で、このようなデータ復旧ソフトを用いることはあまりお勧めできません。言い換えれば、データ復旧はDIY感覚でできるような手軽なものではありません。

データ復旧ソフトを試す際に一番陥りやすい「盲点」といえば、取り出せたデータの保存先です。
例えば間違ってデータを削除したときに、データを消してしまった対象媒体に復旧ソフトで取り出したデータを保存してしまうと、上書きが発生します。
その場合、データの上書きにより本来復旧できるはずだったデータが二度と復旧できなくなることになります。

また、精度の低いソフトでは、データは取り出せても障害が発生する前のフォルダ構造やファイル・フォルダの名前が失われてしまう場合もあります。
特になくなったデータのファイル名が分かっていて、そのファイルだけを復旧したいが、取り出したデータのどれが目的のファイルに相当するのかわからないといった場合や、フォルダ構造が保てていないとプログラムを動かすことができないといった場合には全く役に立たないということになってしまいます。

さらに、復旧ソフトが対応している障害は、誤削除など媒体自体に機械的な障害が発生していない場合に限られることが多く、媒体自体に読み取りの障害であるリードエラーや異音が出ているHDDのように、物理的障害が発生している場合は太刀打ちができないケースがほとんどです。復旧ソフトを使用することで負荷がかかり、障害が悪化することもあります。

そして、専門家でないとエラーメッセージだけでは復旧ソフトを用いるべきかどうかの判断をしにくい点も、理由の一つとなります。
たとえば、障害の代表例ともいえる「フォーマットしますか?」というエラーメッセージが出る障害は、単に書籍の目次にあたる構造情報が破損しているだけで媒体内に機械的な障害がない論理障害の場合と、前述したようにリードエラーが発生していてエラーメッセージが表示される物理障害の場合の両方が考えられます。
実際は媒体自体に物理障害が発生しているにもかかわらず、論理障害と誤った判断を行い、安易に復旧ソフトを試したところ逆に障害が進行してしまったケースもあります。

データレスキューセンターではより精度の高い専用機器を用いて調査を行っており、論理的障害だけでなく、市販ソフトではお手上げの物理的障害まで幅広く対応しております。
市販ソフトを用いるのに不安を感じた場合や試すかどうか迷われている場合でも、お気軽にご相談ください。

danger_001

■個人でデータ復旧を行う場合の危険性

■復旧率を下げない為の10のルール