データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

ドローンと保存データ

2021年7月岩手県の企業が密漁を防止するために、水上ドローンを利用する実証実験を始めました。GPSの情報をもとにドローンを自動運航させられるシステムで、カメラを搭載すれば映像を見ながら遠隔操作で操縦することも可能、夜間も自動運航させることで密漁の監視に役立てるとのことです。
■水上ドローンで密漁監視、自動見回りで省人化 岩手県宮古市で実験 - ITmedia NEWS
■炎重工株式会社|事業・製品情報 船舶ロボット

密漁の監視業務はこれまで目視に頼る部分が非常に大きく、漁師など関係者への負担が非常に大きかったといいます。ドローンや画像認識AI(人工知能)を活用した取り組みで、効率よく密漁被害を抑えるための工夫が行われているわけです。
また近年は自然災害が発生した際、ドローンによる被災地の撮影が行われるケースも増えてきました。2021年7月に発生した熱海市の土砂災害の際には、土石流の発生した上流付近や、土砂が流れ込んで立ち入れない場所をドローンで撮影した様子が公開されています。
あまり知られていませんが、2000年の北海道・有珠山噴火の際にも、既にドローンが利用されていたそうです。進入が制限された危険地帯の地形データなどを作成することで、迅速な被害状況の把握に役立てることができたといわれています。
■ドローンが活躍する未来

非常に便利な道具として世界中で活用が進むドローンですが、作業中のアクシデントによる故障・破損は避けられないリスクになります。また事故が起きた際に気になるのはドローンによって撮影、記録されていたデータの安否です。記録メディアはmicroSDカードを使用するモデルが一般的ですが、microSDカードはコンパクトなぶん、非常にデリケートなメディアでもあります。墜落の衝撃や水没による浸水でカードが異常をきたし、データが見られなくなるという事例は決して少なくありません。
jiko_toy_drone
データレスキューセンターでは、さまざまな症状のmicroSDカードからのデータ復旧の事例があります。もちろん、ドローン利用のmicroSDカードや、アクションカメラなどの特殊な動画ファイルの復旧・修復にも対応しております。
ドローンのデータで万が一お困りの際には、ぜひ一度ご相談ください。
・データ復旧事例 > SDカード・microSDカード
・データ復旧事例 > 特殊動画ファイルの修復

よくある症例と復旧の可能性について

データレスキューセンターへのお問い合わせで、復旧の可能性についてご質問を受けることが多くあります。実際に媒体をお預かりして調査を行わない限り、正確な判断はできませんが、過去のよくある症例から、ある程度は復旧の可能性について推測することは可能です。

CASE1:「フォーマットしてください」という警告が出る場合
→書籍でいうところの目次にあたる管理情報が何らかの原因で損傷し、少なくとも先頭部分の読み込みができていない場合に表示されるエラーです。目次部分が破損しているだけで、本文にあたるデータ領域には痕跡が残っている事が多いので復旧の見込みは高いです。ただし、媒体の物理的な損傷が先頭部分の読み込みのエラーの原因になっていることもあるので物理障害が発生しているときもあります。

CASE2:誤ってフォーマット・削除してしまった場合
→見かけ上は消えているように見えるだけで、データの痕跡自体は残っていることがあります(CASE1と同様に本文の痕跡が残っている状態)。復旧の見込みは十分ありますが、例えばデータ抹消ソフトを使用している場合や、Androidスマートフォン上でのフォーマットは、データの痕跡も完全に消してしまうことがあり、復旧ができない場合もあります。
誤ってフォルダやファイル単位で削除してしまった場合もほぼ同じ状態になります。同様に完全削除をするような特殊な削除がされていない限りは復旧の可能性は十分にあります。
■データの削除・フォーマットについて
vol12_img10

CASE3:「スキャンして修復しますか?」との表示が出て、指示に従ったらデータが見えなくなった場合
→媒体内が空のように見えても、ドライブのプロパティ情報では使用容量が表示されるケースが多くあります。前記の2例と同じようにこの状態は媒体内にデータの痕跡は残っている可能性が高く、比較的復旧が見込めるケースとなります。ただし構造情報に部分的な書き換えが発生していることがよくあり、どの程度の復旧が可能かはケースバイケースになります。
■チェックディスク
vol37_img01
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol37.html

CASE4:PCがフリーズしたので再起動したところ、「ディスクを挿入してください」のエラーメッセージが表示されるようになった。
→メディア自体が正常に認識できなくなっている可能性が高くなります。物理障害が出ている可能性もありますが、過去の事例では初期調査の段階で復旧できたケースもございます。物理障害の程度や範囲次第となりますが、物理的な処置を施すことや、最終的には分解・分離しての作業まで実施すれば復旧可能となることが多くあります。

以上、代表的な症例についてご説明しましたが、上記以外の症例でも復旧の可能性は十分ございます。症状や状況に応じて復旧作業のアプローチ方法は微妙に変わることもあり、ご相談・お申込みの際にトラブル直前・直後の症状、エラーメッセージの内容についてご確認させていただくこともございます。ご不明な点があればお気軽にお問合せください。

■お申し込み方法
■復旧率を下げないための10のルール
■よくあるトラブル事例
■データ復旧事例

Windows11の発表

Microsoftから次期Windowsとなる「Windows11」について正式に発表されました。従来のWindowsOSでは次バージョンは毎回有料で購入する必要がありましたが、Windows11では、必要なハードウェアの条件を満たすWindows10を搭載したPCであれば、無料でアップグレードできます。公開は2021年後半~2022年前半の予定です。
os
■OS(Operating System)について
http://www.rescue-center.jp/explanation/os/
■新しい Windows 11 OS へのアップグレード

Windows11を利用するためのハードウェア要件は、Windows10よりも引き上げられ、1GHz以上の2コア以上の64bitのCPUまたはSoC、メモリ4GB、ストレージ64GBが必要とされています。
pc
■パソコンについて
この要件をCPUの世代で確認すると、大雑把に分けてIntelであれば第8世代Core以降、AMDであればRyzen 2000以降となりますが、敷居としては少し高すぎるという指摘があります。具体的には4,5年以内に販売された最近のPCでも、要件を満たせないハードが多数あるようです。
そのためつい先日公開されたWindows11のプレビュー版では1世代古いCPUでも動作するように緩和された模様です(まだ確定要件としての公表はされていません)。
■Windows 11プレビューが配布開始 CPUやTPM 2.0など要件緩和

機能面については、ユーザインターフェースの一新、Microsoft Teamsの標準搭載、Microsoft Storeの改善などが発表されています。
確認できる範囲では、見た目の変化やセキュリティの強化がされている点などは読み取れますが、それ以上の大きな機能的な変化はなさそうに見えます。Windows7からWindows10に変わった時のような変化はなさそうで、Windows10が最終形態に進化したという感触です。
そのため、Windows10ではリリース直後に様々なトラブルが発生していましたが、そういった心配は不要そうです。WindowsUPDATEから簡単にアップグレードができるため、多くの方がWindows11に移行するのではないでしょうか。

OSのメジャーアップデートでは、大量のデータの読み書きが発生するため、通常の更新よりもアップデート失敗などが発生する可能性も高くなってきます。Windows11への移行を行う際は、あらかじめバックアップを取るように心がけましょう。
■データバックアップ入門

なお、弊社では、アップデートの不具合により起動しなくなったPCなどからもデータを取り出す復旧サービスを行っております。
お困りの際は、お気軽に弊社にご相談ください。

■PC/HDD(ハードディスク) データ復旧事例
■SSD データ復旧事例
■復旧率を下げないための10のルール

「リモートワークにまつわる「トラブル」と「データ復旧」」を掲載しました。

いまさら聞けないパソコン基礎知識に「リモートワークにまつわる「トラブル」と「データ復旧」」を掲
載しました。 
vol67_img01
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol67.html

Internet Explorerのサポート終了

Internet ExplorerはMicrosoft Plus! for Windows 95に初めて搭載され、以降代々のWindowsで標準ブラウザとして長年愛用されてきました。
しかしWindows10でInternet Explorer に代わるブラウザとしてMicrosoft Edgeが登場し、遂にInternet Explorerの開発も終了、サポートも2022年6月15日に終了となります。20年以上の歴史のあるソフトウェアの終了は少し残念な気がします。
■Internet Explorer は Microsoft Edge へ – Windows 10 の Internet Explorer 11 デスクトップアプリは 2022 年 6 月 15 日にサポート終了

Windowsで利用可能なブラウザはインタネーネットの普及に伴いNetscape、Opera、Firefox等、Internet Explorer以外に多数のブラウザが登場しています。
■ブラウザの歴史

特にGoogleChrome登場後はInternet Explorerのシェアは年々下がっていき、2012~2013年に逆転されています。(図1 資料:StatCounter Global Stats)
 StatCounter-browser-ww-monthly-200901-202105
図1 2009年01月~2021年05月Worldwide

デスクトップパソコンでのInternet Explorerのシェアは2021年4月時点で1.67%まで減少しています。これは全世界でのシェアになりますが、日本のみでみると、2021年4月時点でまだ6.34%あります。(図2 資料:StatCounter Global Stats)
StatCounter-browser-JP-monthly-200901-202105
図2 2009年01月~2021年05月Japan
※図2のEdge LegacyはEdgeHTMLエンジンで、現行のMicrosoft EdgeはChromium エンジンのため、Microsoft EdgeはOtherに含まれています

他にも日本では世界に比べてMicrosoft Edgeのシェアが高くなっています。(図3,図4 資料:StatCounter Global Stats) 
 StatCounter-browser-ww-monthly-202104-202104-bar
図3 2021年04月 Worldwide
StatCounter-browser-JP-monthly-202104-202104-bar
図4 2021年04月 Japan

日本はガラケーと呼ばれる独自仕様の携帯が普及し、スマートフォンではAppleがシェアトップとなる独自の傾向(WorldwideではAndroidがトップ)があり、使用ブラウザにも国民性が表れているのかもしれません。
日本ではInternet Explorerのシェアが高くサポート終了の影響を最も大きく受けそうですが、Internet Explorerと親和性が高いMicrosoft Edgeのシェアも高いため、そのままMicrosoft Edgeへの移行が進めば大きな問題にはならないかもしれません。
※Microsoft EdgeにはTrident MSHTML エンジンに簡単に切り替えられるIEモードがあるため、Microsoft Edgeでうまく表示できない場合もIEモードを利用して表示させることが可能。

Internet Explorerをご利用されている方は次のブラウザをどうするか、早めに検討されることをお勧めします。

インターネットエクスプローラで良く訪問するページをお気に入り(ブックマーク)されている方も多いと思いますが、データレスキューセンターではパソコンが故障した際の、IEのお気に入りデータの復旧にも対応しています。お気軽にご相談ください。
■StatCounter Global Stats
■お気に入りの戻し方
■PC/HDD(ハードディスク) データ復旧事例