データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

個人情報とセキュリティ~その4

・情報保護の意識を持ちましょう
メディアで情報漏えいのニュースは大きく取り上げられます。決して他人事ではありません。普段から情報保護の意識を持っておくことが重要です。
「ID・パスワードは流用しない」「パスワードは最低でも8~10桁以上で有り触れた単語は使わない」といった基本的なことから「怪しげなウェブサイトへアクセスしない」「有名企業を名乗っていても安易に添付やリンクは開かない」という注意も必要も必要です。
■適切なパスワードの桁数は14桁以上!?<前編> 
http://blog.rescue-center.jp/archives/28242538.html
■データ復旧コラム > SSLなしのサイトにご注意
■データ復旧コラム > リスト型攻撃とは
■いまさら聞けないパソコン基礎知識 > パスワードの管理

04_sumaho_hacking

・携帯端末も狙われている
また、コンピュータウイルスもパソコンだけではなくスートフォンやタブレットをターゲットとして巧妙化・複雑化しているといわれます。例えば「無料」「便利」「手軽」といったキーワードでユーザーのアクセスを誘い、悪意のあるアプリをインストールさせ、情報を漏洩したりデータを暗号化したりするといった事例が近年では増えています。
■コンピューターウイルスと対策ソフト
■コンピュータウイルスの歴史
 
ウイルス対策ソフトで大きなシェアを持つカスペルスキーは、10年ほど前からすでにそういった事態を予測し、警告していました。
■カスペルスキー
https://www.kaspersky.co.jp/
次回「携帯端末も標的に」に続きます。

個人情報とセキュリティ~その3

個人情報とは
近年メディアで取り上げられることが増えてきた個人情報ですが、そもそも何をもって個人情報とするのか、定義を正確に把握されている方は少ないのではないでしょうか。
個人情報保護法によると、「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの」が個人情報と定義づけられています。
■個人情報の扱いについて
 03_PC_and_card
マイナンバーカードにはプライバシー性の高い情報は保存されていないとはいえ、顔写真、氏名や性別、住所、生年月日といった情報が明記されています。氏名だけではなく複数の情報が保存され、特定の個人を識別しやすいわけですから、これは個人情報そのものといえます。
表記されている情報としては、運転免許証と同程度のものにすぎませんが、身分証明書として使われると例えば顔写真の部分を偽造してオンライン銀行で不正に口座開設をされる懸念もあれば、もし暗証番号が知られてしまった場合は印鑑登録証明書なども入手されてしまうリスクがあります。
運転免許証やクレジットカードなどと同様に、紛失・盗難の際には速やかに届けを出しましょう
■マイナンバーカード総合サイト
※マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受け付けられています。

マイナンバーに限らず、パソコンやスマートフォン上で動作するアプリにも様々な個人情報が利用されています。電話番号やメールアドレスはもちろんのこと、氏名、住所、生年月日に加え、クレジットカード番号など非常に重要度の高い情報もやり取りされています。
さらに、職場や学校などで利用されるUSBメモリや、スマートフォンに入っているmicroSDカードにも個人情報は含まれています。そこには使用者本人の情報だけでなく、仕事上の取引先や関係者、学校であれば児童生徒や保護者など、第三者の個人情報も含まれているということを常に意識しておく必要があります。

次回「情報保護について」に続きます。

新コンテンツ「文字起こしにかかせない「録音」の歴史」を公開

データグリーンは新コンテンツ「文字起こしにかかせない「録音」の歴史」を公開しました。
文字の記録は太古から行われてきましたが、音自体の記録が可能になったのは近代になってからです。文字起こしにかかせない録音について、その歴史を振り返っています。
ttl-recording_history-main-pc
■文字起こしにかかせない「録音」の歴史
■音声・動画データの文字起こし「データグリーン」

新コンテンツ「トランスクリプトで文字起こし」を公開

データグリーンは新コンテンツ「トランスクリプトで文字起こし」を公開しました。
「トランスクリプト」とは、本来は、転写物、写し、記録などの意味がありますが、最近では「話した内容を文書化する」という意味で使われることのほうが多いようです。 
この機能を活用すると、オンライン会議での発言の内容が自動でテキストに変換され、議事録の作成などが効率的に行えるようになります。
ttl-transcript-main-pc
■トランスクリプトで文字起こし
■音声・動画データの文字起こし「データグリーン」

個人情報とセキュリティ~その2

マイナンバーカードについて

2023年現在、マイナンバーはeTAXによる電子申告やマイナポータルへのログイン、オンラインバンキングや行政サービスを受ける際などに利用されています。また、マイナンバーカードを利用して、コンビニエンスストアで住民票や印鑑登録、戸籍や所得といった公的な証明書を発行することができます。さらに、2021年10月からは健康保険証としての利用も可能になっています。
※これも勘違いしている人がよくいますが、健康保険制度が新しいシステムに切り替わったわけではなく、あくまでも病院の窓口で示す健康保険証がマイナンバーカードで代用できるようになったというだけです。

 02_combini_tanmatu

このように便利に使えるのは、マイナンバーカードに様々な情報が記録されたICチップが埋め込まれているからです。ただし、所得や納税額などといったプライバシー性の高い情報は保存されていません。健康保険証として利用する場合も、特定健診情報や薬剤情報は保存されないようになっています。

また、利用する際に必要なパスワードは1つではありません。「署名用電子証明書パスワード」、「利用者証明用電子証明書パスワード」、「住民基本台帳用パスワード」、「券面事項入力補助用パスワード」がそれぞれ設定されており、入力を誤った場合、署名用電子証明書パスワードは5回、その他のパスワードは3回連続で間違えた時点でロックがかかり、そのマイナンバーカードは使用できなくなります。再度使用するためには、本人が発行自治体に赴きパスワードの再設定を行わなければならなくなっているのです。

マイナンバーカード利用の際には本人確認が徹底されており、万が一、マイナンバーが第三者に知られてしまったとしても、重要な個人情報が漏えいすることはないとされています。

■総務省 マイナンバーカードのセキュリティ対策https://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/03.html#security


次回「個人情報とは」に続きます。