データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

寒い冬こそデータの保存に注意!

寒い冬だからこそ今しか見ることのできない雪景色、絶景を撮影するために屋外にデジカメやビデオカメラ、スマートフォンを持ち出す機会が多くなると思いますが、皆様はSDカード、USBメモリ、HDDなどが高温だけではなく静電気や結露、低温状態にとても弱いことをご存じですか?

静電気によりSDカードなどの内部にダメージを受けてしまうと大切な写真などのデータが基盤のショートなどにより見えなくなってしまいます。対策としては、SDカードに触る前に、他の金属に触れておく、SDカードを帯電防止ケースに入れ持ち歩くなどがあります。
またお仕事などで外出先にUSBメモリやノートパソコンを持って行く機会も多いと思います。寒い冬は室外と暖房の効いた室内では大きな温度差があり、HDDの内部やUSBメモリの基板などに水滴が付着してしまい、ひどい状態になってしまうと破損の原因となってしまうこともあるので注意してください。
mado_ketsuro
ほかにコールドブート現象と呼ばれる室温等の極端な低下によりPCの起動やスリープ状態からの復帰に失敗する症状もあります。これは温度低下によりハードディスク機器等の初期起動が正常に動作しないことが原因とされています。

一般的に、HDDの動作に適している温度の値は35℃~45℃で、室内の温度は20℃~30℃と言われております。またUSBなどのフラッシュメモリに関してはメーカで差はありますが0度以下の低温になると動作が不安定になるようです。このような不安定な環境での使用はデータの書き込みに失敗してしまうことや、データが消失してしまう事態になる可能性が高くなります。

computer_data_tobu
対策として内部の部品が結露してしまわないようにHDDなど取り出しが可能な場合には取り出し、ゆっくりと温めてから使用することが大切です。

トラブルにより起動しなくなったパソコン、または認識しなくなった、データが消えてしまったメモリーカードからデータの復旧の事例は数多くございますので解決しなかった場合はデータレスキューセンターまでお気軽にご相談ください。

■データ復旧事例
■データ保護のススメ
■パソコンの熱暴走と対策

パソコンも大掃除を

年末にはご家庭やオフィスの大掃除をされた方も多いかと思います。その際に、ご利用のパソコンの清掃をされた方はどのくらいおられるでしょうか。

パソコンは高温には弱いため、パソコン内部を効率的に排熱するための工夫が施されています。しかし、長期間使用を続けるとどうしても内部に埃が溜まり、排熱がうまくいかなくなる傾向にあります。

computer_note_bad
■メディア解説 > パソコンの構造

https://www.rescue-center.jp/explanation/pc/structure.html

冬の時期は空気が乾燥し静電気が起きやすくなりますが、溜まった埃と静電気によってパソコンに異常をきたす可能性が高くなります。さらに、USBメモリやSDカードなどの外部メディアの抜き挿しの際に静電気が発生することで、データが消失したり、メディアそのものが認識できなくなったりするケースもあります。

暖房器具の使用で室内が乾燥するため加湿器を併用されることもあるようですが、過度な湿気は埃の付着にもつながります。埃が付着することで排熱がうまくいかなくなり、熱暴走を起こしてしまう場合もあるのです。また、室内の急激な温度変化と湿気によって結露が発生し、内部の部品がショートを起こしてしまうこともあります。

パソコンも定期的な清掃が必要ですが、具体的にはどのようにすればよいでしょうか。最も手軽な方法は、吸気フィルタの埃を除去してあげることです。吸気フィルタの目詰まりを解消するだけでも、排熱の効率が向上します。分解が可能であれば、エアダスターなどで内部に溜まった埃を吹き飛ばすのもよいでしょう。ただし、掃除をする際には必ずパソコンの電源を切って電源ケーブルも抜いた状態で行うよう注意しましょう。

computer_airduster

ノートパソコンの場合は分解が難しいケースも多いため、むやみに分解するのはお勧めできません。外装のダクト部分の埃を除去し、吸気の妨げにならないようにする程度でよいでしょう。ノートパソコン用の冷却グッズを利用して熱暴走を予防するのもお勧めです。

■いまさら聞けないパソコン基礎知識 > パソコンの熱暴走と対策

https://www.rescue-center.jp/elementary/vol06.html

また、パソコンを掃除する前には、念のためデータのバックアップを行っておくと安心です。掃除の際に転倒したり落下したりして、そのまま起動できなくなるといった事例も珍しくありません。いざというときのために、バックアップは定期的に行うのがお勧めです。

■データバックアップ入門

https://www.rescue-center.jp/primer/

もしパソコンが熱暴走を起こして起動できなくなってしまった際でも、弊社でデータが復旧できる可能性は十分あります。転倒や落下で起動できなくなったパソコンからの復旧事例も多数ございますので、万が一の際にも諦めず、お気軽にご相談ください。

■データ復旧事例 > ハードディスク(HDD)

https://www.rescue-center.jp/case/hdd.html

モバイルバッテリーの取り扱いには注意

スマートフォンの進化は早く、デジカメやビデオカメラのような高画質な写真や動画など簡単に撮影できるようになりました。しかし高性能になればなるほど消費電量も上がり、撮影をたくさんすればそれだけバッテリーの減りも早くなります。充電をしようとしても簡単にコンセントが見つからないこともよくありますが、そんな時に役に立つのがモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーは、スマートフォンやタブレット等をいつでもどこでも充電できる予備の電源です。コンパクトでありながらバッテリーの容量が大きいモデルも多く、中にはノートパソコンの充電ができるモデルも存在しています。
用途に合わせて容量の違うモバイルバッテリーを使い分けするなど外出の際の必需品として急速に普及しています。
smartphone_battery_mobilebattery

そんなモバイルバッテリーですが、普及に合わせてトラブルも増えています。うっかり落としてしまったり、上に重たいものを乗せてしまったりすると回路に不具合が起き、その状態で充電を行うと異常な電流が流れて、発火や爆発が起こることもあります。
また高温環境にも非常に弱いため、夏場は車内に放置しないよう注意が必要です。
異常が発生しているモバイルバッテリーでスマートフォンやパソコンを充電すると、モバイルバッテリーだけでなく充電をしている機器も壊れてしまう可能性があります。取り扱いには十分に気を付けてください。

バッテリーや電気系統のトラブルにより、スマートフォンやパソコン本体が起動しなくなるような障害が発生しても、microSDやパソコン内部のHDDにはデータが無事に残っている可能性は十分にございます。万が一のアクシデントが発生した場合はお気軽にご相談ください。

SDカードの復旧事例
HDDの復旧事例
対応メディア

不正にモバイル決済を行う偽カメラアプリ

11月11日にトレンドマイクロの公式ブログの「モバイル決済を侵害する偽カメラアプリ、Google Playで拡散」の記事にて解説されましたが、偽カメラアプリに偽装し、不正にモバイル決済を行うAndroid向けアプリがGoogle Play上で複数発見されたそうです。

camera_appli
https://blog.trendmicro.co.jp/archives/22812

上記のアプリは、”美しく撮れる”などのカメラアプリとしての機能を備える一方、ウラでは勝手にWireless Application Protocol(WAP)を使用したモバイル決済を有効にし、アプリ使用者による認証を必要とせず不正に課金を行っていたとのこと。

すでにこれらのアプリは、Google Play上からは削除されたそうですが、公式ストアでもこのような悪質なアプリが公開されているケースもあります。SNS利用者向けの写真加工アプリなど人気があるアプリは特に狙われやすい傾向もあります。不用意にインストールするのではなく、アプリの提供者情報や使用者のレビューなどに目を通し、おかしな記事などが投稿されていないか確認を行うなど、インストールを行う前に周辺情報のチェックをするように心がけましょう
また、スマートフォン向けのセキュリティソフトをインストールするなどの対策もお勧めです。

なお、弊社ではスマートフォンからのデータ復旧は対応しておりませんが、スマートフォンでご利用されているmicroSDカードからのデータ復旧は行っております。
万が一、microSDカード内の写真や動画データ等が消えてしまった場合や、認識しないなどの障害が発生した場合はデータレスキューセンターにご相談ください。

■SDカードについて
■SDカード/microSDカードの復旧事例
■SDカードの構造と動作

ぼったくりデータ復旧業者の手口が掲載されました。

当社も所属しております日本データ復旧協会へのインタビュー「ぼったくりデータ復旧業者の手口」が掲載されました。

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00005/112800085/

協会によせられております過去の被害相談なども以下の記事でご案内しております。

■協会に寄せられた被害相談
http://blog.rescue-center.jp/archives/18727785.html

データ復旧業者を選ぶ際は
・復旧作業を依頼する前に「復旧可能なデータリスト」と「見積書」が確認できること
・復旧不可能な場合に高額な作業費を請求されない成功報酬制であること
・過大な復旧率をアピールしていないこと
・セキュリティが万全であること等
がポイントになります。


データレスキューセンターではお客様に安心してご利用いただけるように、「復旧できそうか?」といった簡易調査ではなく、お見積書とともに「データ復旧可能なリスト」を提出させていただくための精密調査を実施しています。


もちろん成功報酬の為、データ復旧が不可能だった場合に高額な費用を請求することはありません。プライバシーマークやISO270001の認証も取得しておりますので、安心してご相談ください。