データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

復旧の可能性を下げないためには?

「パソコンが突然立ち上がらなくなった」、「USBメモリが開けない」、「うっかりデータを削除してしまった」など、前触れなく一瞬でデータは失われるものです。しかし、こういった突然のトラブルでも弊社のデータ復旧サービスを利用すれば、データを取り戻せる可能性は十分あります。

ただし、復旧ができるかどうかは媒体の状態次第となります。USBメモリの記録チップが割れていたり、HDDのプラッタが割れていたりするなど、データを保存するための部品が破損している場合や、削除後に大量のデータを書き込んでデータの痕跡が掻き消されたような場合は、復旧が出来なくなることもあります。

main_txt

■データ復旧が困難な障害・メディア

媒体の状態というのは障害が発生したあとにも変わります。例えば、パソコンが起動しなくなったときに、リカバリ(初期化)を行うと上書きが発生するため、過去に存在したデータの痕跡がなくなってしまいます。こうなると、本来は復旧ができたはずのデータが復旧できなくなってしまうのです。また、パソコンの内蔵HDDに物理障害が発生している場合にパソコンを使用し続けると障害が進行して状態が悪化し、復旧の可能性が下がってしまいます。

また、誤ってデータを削除してしまった場合も、そのあとに新たなデータを書き込むのは厳禁です。新しいデータの書き込みによって過去のデータの痕跡が塗り潰されて、復旧が出来なくなってしまいます。
削除したつもりがないのにあったはずのデータが無くなってしまった場合も、媒体に異常が発生している可能性が高いため、アクセスは控えた方がよいでしょう。

では、メディアに異常が発生した場合はどのようにするのがデータ復旧の可能性を下げずに済むでしょうか。
答えは、すぐに使用をやめ、データ復旧の専門サービスを利用することです。使用しなければ通電も行われず、上書きも発生しないので、復旧の可能性が下がることはありません。

■データの復旧率を下げない為の10のルール

ご自身で復旧ソフトをお試しになるお客様が増えていますが、無料の復旧ソフトなどは精度が低く、復旧できないケースも珍しくありません。また、操作にはある程度専門的な知識が必要になる部分も多く、操作を誤ってデータの上書きが行われると、本来ならば復旧できたはずのものを、ご自身の手によって復旧不可能にしてしまうことになります。実際に弊社でお預かりした媒体のなかにも、このような状態で残念ながら復旧に至らなかった事例はあります。

■個人でデータ復旧を行う場合の危険性

災害などで水没したパソコンなども復旧の可能性はありますが、水没したHDDは乾かさないのが鉄則です。濡れている状態で通電するとショートする可能性がありますし、逆に完全に乾かしてしまうと不純物の固着が起きたり、酸化が進行したりして状態が悪化するおそれがあるからです。水没したHDDは濡れたタオルなどで包んだうえでビニール袋に入れるなどして、調査のご利用をご検討いただくのがお勧めです。

■データ保護ノススメ > ハードディスク(HDD)編
■データ復旧と災害対策

ちなみに、障害発生から復旧までに時間がかかると復旧が出来なくなるという話を耳にしますが、本当でしょうか。「調査を始めてから時間が経ちすぎると復旧できなくなる」、「今すぐに復旧作業に取り掛からないと復旧できるデータが減る」などとご案内をするデータ復旧業者もあるようですが、実はそういったことはありません。

■データ復旧のウソ?ホント?

時間が経過することよりも、「データを上書きする」、「通電を繰り返す」といったことの方が問題です。
障害発生や、データの削除が起きても、焦らず慌てず、まずは電源を切って、データレスキューセンターまでお電話ください。

記録メディアは消耗品

皆様から弊社によく寄せられるお問い合わせとして、USBメモリやSDカードなどの記録メディア自体の修理を希望されるケースがございます。
結論から申しますと、弊社では記録メディア自体の修理は対応しておらず、救出したデータは新しい媒体に入れてお渡しし、元の媒体は故障したままの状態で返却しております。
では、なぜ修理には対応していないのでしょうか?

nc_ph04

記録メディアは電化製品のようにいわゆる「耐久消費財」であるというイメージを持たれている方もいらっしゃると思いますが、実は記録メディア自体は乾電池や蛍光灯などと同列の「消耗品」であるからです。

使えなくなった乾電池や蛍光灯は新品と交換しますが、それと同じく記録メディアも使えなくなっては修理をしてまで使用を継続する性質のものではなく、新品と交換が必要になります。実際、記録メディア自体の設計も分解を想定していないため、事実上、記録メディアの修理自体が不可能ということになります。

消耗品である以上、記録メディアもいつかは寿命を迎えてしまいます。記録メディアには使用開始時期を書いておくことをお勧めします。製品の個体差や使用頻度によって寿命は大幅に変わりますが、購入後5年以上経過した記録メディアは故障のリスクが大きくなります。そのころには、もっと大容量のメディアも安価に購入できるようになっているので、新しいメディアに買い替えると良いでしょう。使用頻度や、記録するデータの重要度によってはもっと短いスパンで買い換えたほうがいい場合もあります。

しかしながら記録メディア自体の個体差により、購入から間もない時点でトラブルに見舞われてしまうケースも決して珍しいものではありません。
転ばぬ先の杖として、日ごろからこまめにデータをバックアップしておく-ことも大切です。データを安定して保管するにはあたかも両輪のように、日ごろのバックアップと、定期的に記録メディア自体を買い替えの双方が肝要といえるでしょう。

また、カメラや携帯電話を買い替えた際に、以前の記録メディアをそのまま使っている方も多いですが、本体買い替えのついでに記録メディアも新しくすることをお勧めします。

とはいえどれだけバックアップ体制を整えていても、トラブルに見舞われるリスクはゼロにすることはできません。お困りの際は弊社までお気軽にご相談ください。

■ビギナーズQ&A
■データ保護ノススメ
■HDD・USBメモリ・SDカードの障害事例とその対策

USB規格の種類と歴史の解説を掲載

いまさら聞けないパソコン基礎知識にUSB規格の種類と歴史の解説を追加しました。

vol49_img01

USB4の登場

USB3.0の規格が発表され約6年経過し、早くもUSB4の規格の概要が発表されました。
新しい規格ですが、接続端子はUSB3.2・USB2.0・Thunderbolt 3と互換性を維持します。
USB3シリーズは、USB3.0・USB3.1・USB3.2と規格が新しくなるたびに、1つ前の規格より最大転送速度が2倍になっており、USB4でも同様にUSB3.2の2倍となる最大40Gbpsのデータ転送が可能になる予定です。


tanshi_usb_typec

なお、USB3.2の最大速度となる「SuperSpeed USB 20Gbps」は2017年7月には規格が作られましたが、2019年5月時点では対応する機器やPCが存在していません。その次のUSB4も、規格ができてから最大転送速度が実際に利用できるようになるまで時間がかかりそうです。

また、一般的なHDDの読み書き速度よりもUSB3.2の転送速度のほうが速いので、USB3.2以降の転送速度を最大限活用する場合には、HDDよりも速度が速いSSDやRAID0タイプの外付けHDDなどが最適となりそうです。
SSDの価格は同容量で比べるとHDDのほうがまだ安いですが、年々価格が下がってきているため、読み書き速度を重視する場合には、外付けSSDの導入を検討されるのもよいのではないでしょうか。

弊社では、RAIDタイプの外付けHDD・外付けSSDからのデータの取り出しに対応しており、万が一障害は起きてしまった際には、ぜひ弊社サービスの利用をご検討いただければ幸いです。

・データ復旧事例 SSD(Solid State Drive)
・データ復旧事例  RAID0、RAID1、RAID5

Windowsの令和対応

2019年5月1日から、元号が「平成」から「令和」に変わりました。それに伴いお使いのパソコンも「令和」対応のための更新が必要になります。
マイクロソフトでは、WindowsやMicrosoft Office、.Net Frameworkに対して、更新プログラムを提供しています。
gengou_system_reiwa

Windowsをお使いの方で、新元号の更新がされているかどうか確認する場合は、カレンダーを和暦表示にしてみてください。「令和1年」ではなく、「平成31年」と表示されている場合は、新元号に対応していないので、Windowsの更新を行うようにしてください。
「令和1年」ではなく「令和元年」と表示させることも可能ですが、レジストリの編集が必要となります。
Excelの場合は、ユーザ定義の書式設定などで令和元年表示に対応可能です。

令和表示に対応するのはWindows 7以降のOSのみとなります。サポートが切れているWindows VistaやWindows XPなどは対象外となるためご注意ください。
また、サポートが切れているOSは、セキュリティのアップデートも行われないため、ウィルス感染などの被害にあう危険性が高くなります。古いOSをご利用の方は、新しいPCやOSへの変更をご検討してはいかがでしょうか?

Windowsのアップデートや更新で、Windowsが正常に起動しなくなったどのご相談をお受けすることもございます。そのためアップデートなどを行う場合は、大事なデータは事前にバックアップを取ることをお勧めします。
なお、弊社では、起動しなくなったPCからのデータ復旧も行っておりますので、お困りの際はぜひご相談ください。

■PCのデータ復旧事例
■コンピューターウイルスと対策ソフト
■データバックアップ入門