データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

パスワードを使わない認証技術「FIDO」

パスワードを使ってログインする仕組みは非常に一般的ですが、最近ではデメリットの方が目立つようになってきています。

デメリットの一つは管理コストの大きさです。サービス毎に変更する、ある程度の強度を保つなど、パスワードを正しく管理するのは非常に手間がかかります。インターネット上でパスワードを必要とするサービスはどんどん増えていっており、パスワードを管理するアプリケーションを使う場合も、そのためのパスワードが必要だったりします。

vol36_img01

■いまさら聞けないパソコン基礎知識 > パスワードの管理

もう一つのデメリットは漏洩リスクです。メールアドレスやパスワード等が流出したという事件は、しばしばニュースで報じられることがあります。従来のパスワードによる認証方式では、利用者側とサーバー側で「秘密」を持ち合って照合する必要があり、サーバーは悪意ある第三者からの攻撃の対象になりやすいという構造がありました。
またパスワードの代わりに指紋認証などを使われることも増えてきましたが、「秘密」をサーバー側で保存する仕組みは変わりがないため、流出のリスクは同等となります。逆に生体情報は流出したからと言って変更できるものでもないため、漏えい時のリスクが非常に高い情報と言えるでしょう。

そこでより「簡単に」「セキュリティが高く」さらに「コストも低くて」「プライバシー(生体情報)も保護できる」仕組みを目指して生まれたのが“Fast IDentity Online”「FIDO(ファイド)」です。

FIDOアライアンスと呼ばれる標準規格策定団体は2012年に生まれ、2019年現在、加盟企業はわずか7年間で250社を超えており、このまま業界標準の規格となるとみなされています。

ユーザー側から見た「FIDO」の特徴は、「パスワードを憶えなくて済む」ということになります。スマートホンにインストールされている指紋認証アプリを使用して認証を通すだけで、特定のサービスが安全に利用できるようになるというイメージになります。

この認証時に必須の「秘密」のやりとりは、端末内部だけで行われており、サーバーに送られるのは認証に成功したというような報告だけになります。この報告は公開鍵暗号の方式を利用しているので悪意ある第三者がのぞき見たとしても、悪用することはできません。最初から「秘密」が外に出ない仕組みになっているため、そもそも流出もしないということになります。

すでに部分的に「FIDO」を活用した認証システムは実用されており、今後もその活用は広がっていくことが予想されていますが、まだしばらくの間はパスワード認証によりサービスを利用することがあると思います。
パソコンやスマホでメモ帳を使ってパスワードを管理する場合は、定期的にバックアップを取る習慣を付けていないと、データが読めなくなったときに情報が失われるというリスクも生じます。もし保存メディアが異常をきたしてデータが見られなくなった場合や、誤って削除してしまった場合でも、弊社でデータを復旧できる可能性は十分ございます。万が一の場合にはぜひ一度ご相談ください。

■データバックアップ入門

発送の逆転で生まれたハンディプリンター

一般的なプリンターには内部に印刷用のヘッドが搭載されていて、紙の幅の分だけ自動的に往復移動し、紙はローラーで送られていく仕組みになっています。そのため、いくら小型化してもA4プリンターは、A4用紙の幅よりも小さくすることができません。
ポータブルタイプのプリンターも存在しますが、プリンターのサイズに見合ったサイズの小さな用紙にしか印刷ができません。

紙を動かすのではなく、プリンター本体を動かして印刷するハンディプリンターが発売されました。



プリンターからヘッドだけを取り出したような構造で、従来のプリンターが自動的に行っていたヘッドの往復移動や用紙送りの代わりに、利用者の手でプリンター本体ごと動かす仕組みになっています。
従来のプリンターに必要だったヘッダや紙を動かす機構がなくなった結果、非常に小さくて軽くなりました。多数搭載されていたモーター類も不要になるため消費電力も抑えられ、バッテリ稼働が可能になり、カバンに入れて持ち運ぶこともできます。

用紙をプリンター内部に通す必要がないので、ダンボール箱に直接印刷したり、ノートのページにそのまま印刷したりできます。洗濯すると色落ちするため推奨されていませんが、服に直接印刷することも可能です。
紙のサイズの制限がないので、インクやバッテリの容量の範囲内であれば、巨大な業務用プリンターでしか対応できないような大きな紙に印刷もできます。
スマートフォンからの印刷もでき、文字や画像だけでなくバーコードやQRコードも印刷できるので、様々な場面で活用できそうです。

常識にとらわれない新しい発想が、新たな商品を生み出します。
データレスキューセンターも、従来の技術では対応できなかった媒体や障害内容にも対応できるよう、日々研究を重ねています。

データレスキューセンター
初めてのお客さまへ
対応メディア

資本金増資のお知らせ

データ復旧サービスで日本トップクラスのシェアを誇るデータレスキューセンターを運営する株式会社アラジンは、6月20日付けで資本金の増資を実施いたしました。今回の増資により資本金は9,000万円となります。
今後もデータ復旧およびデータ復旧関連事業の強化、新規事業の開拓を進めてまいりますので、変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

https://www.rescue-center.jp/news/press20190620.html

データレスキューセンター、「写真加工・修正サービス」を開始

データ復旧で日本トップクラスのシェアを誇るデータレスキューセンターを運営する株式会社アラジン(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長濱慶直)は、6月17日から「写真加工・修正サービス」を開始いたしました。

写真加工・修正サービスでは、 写真の不要な部分の除去や文字の差し替えなど、お客様のご要望に合わせた加工や修正を実施いたします。また、人物の背景を消去したり、礼服や和服に着せかえた遺影写真の作成等にも対応可能です。

データ復旧や写真の加工・修正等でお困りの際は、この機会に是非データレスキューセンターをご利用ください。

Ponit1 スピード対応:写真データを受領した後、原則48時間以内に修正・加工したサンプル画像をお送りいたします。デジタル入稿・デジタル納品なら郵送にかかる時間も必要ありません。
Point2 成功報酬:実際の仕上がりがどのようになるのか、サンプル画像で事前にご確認いただけます。もちろん修復不可能な場合は料金をいただきません。
Point3 年中無休:データレスキューセンターは年末年始を除いて年中無休ですので、土日祝日も受付可能です。平日・祝日は朝8時〜夜24時まで、土曜・日曜は朝9時〜夜19時まで受付可能です。

次世代コンパクトフラッシュ

CFexpressカードをご存じですか?CFexpressカードは、Compact Flash Associationが新しく提唱した、大容量で高速転送が可能な次世代メモリカードでコンパクトフラッシュ(CFカード)の後継機にあたります。
 CFexpress

Compact Flash Associationでは、CFカードの後継機として、XQDやCFastという2種類の規格を策定し、すでに市場にも出回っています。CFexpressはこれを統合して新しく策定したメモリカードです。2017年にCFexpress1.0の仕様は策定済みでしたが、製品は発売されず、2019年に改めてCFexpress2.0の仕様が発表されました。今後はCFexpress2.0規格に基づいた製品が発売される見通しです。

CFexpressカードにはType A,B,Cと3種類の形状があり、Type AはSDカードよりも小さな形状、Type BはXQDカードと同じ形状、Type Cは名刺サイズほどの大きさで、形状の違いにともない転送速度に違いがあります。
Type Bは XQDと形状が同じで互換性もあります。XQDカードは一部のデジタル一眼レフカメラなどで採用されていて、ファームウェアアップデートでCFexpressに対応すると既に発表しているメーカーもあります。

デジカメの高画質化が進みRAW画像では1ファイル100MBを超えるものも登場しています。撮影機器も高性能になり高速で連写が出来るもの、4K画質の動画が撮影できるものも増えてきています。転送速度が遅い記録メディアでは大容量のデータの保存に失敗してしまう問題がありますが、転送速度が高速になったCFexpressカードではそういう問題もなくなってくるのではないでしょうか。
データレスキューセンターでは、従来のメモリカードはもちろん、次々に発表される新しいメディアにも対応しております。万が一の場合は弊社にご相談ください。

■SDカードの復旧事例
■対応メディア