データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

記録メディアの交換タイミング

SDカードやUSBメモリなどの記録メディアは、一見すると半永久的に使用できるように見えますが、一般的な電化製品と同様に消耗品です。しかし記録メディアの場合、電球や電池のように完全に使い切った上で新しい製品に取り換えるというわけにはいきません。壊れる前に交換をしておきたいものです。

例えば自動車のタイヤでは一般的に使用開始から3年以上、もしくは3万キロ以上の走行というのが交換目安とされていますが、それ以上に、目に見えて擦り減ってきますので、ガソリンを入れる時等に交換のアドバイスをもらうこともあるでしょう。
フラッシュメモリも実は仕組み的にはタイヤと同様に擦り減る感じで消耗はしていくのですが、あくまでも電子的な話なので目でみてわかるものではありません。
■最新のフラッシュメモリ(USBメモリ、SDカード、SSDなど)について
またこういったフラッシュメモリの特性上の寿命については、実際の製品としての寿命よりは非常に長く、経験測上からの製品寿命となると数年程度とされており、1~3年ぐらいから故障率があがっていくと言われています。
そのため交換の目安をルールとして作っておくことがお勧めになります。
computer_usb_memory
1.容量がいっぱいになったとき
これが一番わかりやすいタイミングでしょう。不要なデータを削除、整理しなおしてギリギリまで使いきるのではなく、いっぱいになったらその時点でバックアップをとってサイズの大きい製品に買い替えましょう。

2.時間で決める
使用頻度に応じて1年~2年置きに買い替えるスケジュールを作っておくのもおすすめです。バックアップ用途で頻繁に使うものでもないということなら期間はもう少し長めでもいいでしょう。

3.エラーが発生したり修復を促されたりしたとき
Windowsマシンでよくみられる、PCに記録メディアを接続した際に「チェックディスク」などの修復を促されるケースがあります。特に致命的なトラブルでないことが大半ですが、まれにデータが丸ごと消失することもあるので対応には注意が必要です。
■チェックディスク
偶々のエラーなのか前兆的な意味でのトラブルなのかをその時点で判断することは非常に困難です。そのため少しでも動作に不安を感じるようなことが発生したら、念のために交換しておくというのもお勧めになります。

以上はいわゆる「予防交換」という性質が強いものになりますが、備えを十分に行ったとしても、データ損失のリスクを完全に排除することは難しいです。
メモリの破損やデータの損失などのトラブルが発生した際は、データレスキューセンターにお気軽にご相談ください。

■メディア解説
■データ復旧事例
■データ保護ノススメ
■データバックアップ入門
■HDD・USBメモリ・SDカードの障害事例とその対策
■データ消失を回避する方法

お客さまの声を更新 近畿大学教授 古南博様

お客さまの声に、SDカードのフォーマットエラーからの復元作業をご依頼いただきました近畿大学教授古南博様の情報を掲載しました。
近畿大学教授古南博様
https://www.rescue-center.jp/customer/kominami.html

「USB Type-Cについて」を掲載しました。

いまさら聞けないパソコン基礎知識に「USB Type-Cについて」を掲載しました。
vol70_img
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol70.html

最新のWindows Update「Windows Autopatch」

パソコン上で「更新して再起動」や「更新してシャットダウン」という表示を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。MicrosoftはWindowsのプログラムやセキュリティを最新の状態に保つため、定期的に修正プログラムを配信しており、ユーザー側はこの修正プログラムをタイミングにあわせて手動でもしくは自動で適用することが推奨されています。
computer_desktop_good
適切に対応がされていれば通常はどのパソコンも最新の状態に保たれているはずですが、実際には何らかの事情で後回しにされていたり、また特定のソフトウェアの問題でアップデートがしたくてもできなかったりなど、更新が行われていないことがあります。また過去にはこのアップデートの不具合によりパソコンが起動しなくなったなどのアクシデントが発生したこともあり、ネガティブな印象を持っているユーザーも少なからずいるようです。.

今回ご紹介する「Windows Autopatch」は「Windows Enterprise E3」以上のライセンスを有した法人ユーザーに向けた限られた範囲ではありますが、2022年7月の正式リリースが予定されている「Windows」および「Office」の自動アップデートとその管理を行うためのサービスです。
企業では従業員が使用しているパソコンの状態を全て最新に保つというのは、管理者にとって非常に大変な作業になります。またある程度様子見をしながらアップデートをしていきたいということから、このWindows Autopatchでは、アップデータをあてる社内のパソコンを大きく4種類に分け、まずは最少の範囲で更新を適用し、問題なければ次の範囲へ適用するというステップを踏む仕組みが導入されています。
Microsoftは、公式のブログ上で「このサービスにより、登録されたエンドポイント上のWindowsやOfficeソフトウェアを、追加コストなしに、かつ自動的に最新の状態に保てるようになる。このため、IT管理者はさらなる時間とリソースを価値の向上に振り向けられるようになる。」とコメントしています。

最近ではアップデートプログラムで不具合が発生するというケースは減ったように思われますが、例えば更新中に停電やハードディスクなどの異常が原因で、正常に完了しなかったりすることもあります。そうなると、保存していたデータが破損・消失したり、パソコンが起動しなくなったりするという事例は少なくありません。大事なデータがなくなってしまわないよう、アップデータの前にはデータのバックアップを行うことをお勧めいたします。
もし万が一、データが消えてしまったりパソコンが起動しなくなったりした場合には、慌てずにぜひ一度ご相談ください。
■データ保護ノススメ
■データバックアップ入門
■データ復旧事例

20周年記念キャンペーンのお知らせ

データレスキューセンターを運営する株式会社アラジン(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長濱 慶直)は、2022年5月をもちまして会社設立20周年を迎えます。

高度なデータ復旧技術、「復旧可能なデータリスト」と「見積書」を事前に確認できるサービス、そして低価格により全国の法人、個人のお客様からデータ復旧作業をご依頼をいただき、データ復旧の累計受付件数は15万件を突破いたしました。

業界トップクラスの「シェア」と「実績」をあげるまでに成長できたのも、ひとえにお客様、お取引先様をはじめとする多くの皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

会社設立20周年の感謝の気持ちを込めまして、2つの特典をご用意いたしました。データ復旧でお困りの際は、20周年記念キャンペーン実施中のこの機会にぜひ、データレスキューセンターをご利用ください。フリーダイヤルによる無料電話相談、初期調査も原則無料で実施しています。

特典1
データ復旧作業をご依頼いただいたお客様全員、データ復旧後の送料無料!
※作業完了後の配送料金をデータレスキューセンターが負担いたします。
※返送はヤマト運輸(クロネコヤマト)様に限らせていただきます。

特典2
データ復旧をご依頼いただいたお客様全員にmicroSDカードをプレゼント! 
※データ復旧作業をご依頼いただいたお客全員、microSDカード16GBをプレゼントいたします。  

データ復旧でお困りの際は、この機会に是非データレスキューセンターをご利用ください。