データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

特定のパソコン専用のSDカード

メモリカードの代名詞的存在のSDカード。デジカメの記録メディアとしておなじみといえますが、デジカメ「専用」の記録メディアと思われている方が多いのではないでしょうか?
パソコンでは、SDカードにWordやExcelのような文書を保存することもできます。つまりは、USBメモリの代わりにSDカードを使うことができるわけです。

最近のパソコンではSDカードスロットが標準装備されているモデルが多く、SDカードスロットにカードをセットすれば、USBメモリと同じようにリムーバブルディスクとして取り扱いが可能になります。あとは、データの保存先をSDカードに指定するだけで、データを保存することができます。

別の見方をすれば、USBメモリは主にパソコンで利用するメディアであるのに対し、SDカードはデジカメだけではなく、パソコンや音楽プレーヤーなどで幅広く使えることから、汎用性のあるメディアであるといえます。

また、USBメモリと比較してメディアが物理的に破損するリスクが低くなる点も利点になるといえます。
USBメモリはUSBポートに挿入するとどうしてもパソコン本体から飛び出してしまうため、物がぶつかったりしてUSBメモリ自体が曲がってしまい、認識ができなくなってしまうケースがかなり多くみられます。

それに対し、SDカードをUSBメモリの代わりに利用すれば、カード自体はパソコン本体のSDカードスロットに収まることから、USBメモリのように外部からの衝撃でメディア自体が損傷を受けるリスクはかなり低くなります。
ただし、パソコンによってはSDカードスロットが浅く、完全に収まらない場合もあり、その場合は物理破損に対するメリットは薄いです。スロットが浅いMacbookに合わせた大きさのSDカードも販売されています。
キャプチャ


また、大きさが切手サイズ程度で小さいメディアになので、紛失しやすいという危険性もあります。
USBメモリでも同じですが、普通に使用していても突然壊れることもあります。

重要なデータはSDカードのみならず、外付けHDDやDVD-Rなど他のメディアにもバックアップを取ることをお勧めします。

■データ保護ノススメ
https:// www.rescue-center.jp/campaign/
データレスキューセンターでは、デジカメ利用・USBメモリ代わりどちらでご利用のSDカードも復旧に対応しております。お困りの際はお気軽にご相談ください。

■SDカードの復旧事例

ハードディスクは消えてSSDだけになる?

以前のパソコンは内蔵ドライブにハードディスクを搭載したものがほとんどでしたが、今販売されているパソコンは、SSDを搭載したものが増えています。そのうち、全部のパソコンがSSDを搭載することになるのでしょうか?

img_01


登場した当初は特殊な用途にしか使われていなかったSSDが、一般に普及するようになってから技術革新が進んでいます。現在は、低価格な製品や、高性能で大容量の製品など、以前と比べると幅広い製品が販売されています。
一方、ハードディスクはSSDと比較してアクセス速度が遅く、物理的な衝撃に弱い、重いなど劣る面が多いものの、容量あたりの価格はSSDよりも安いというメリットがあります。

予算1万円程度だと、ハードディスクだと4TBの製品が買えるのに対し、SSDは500GB程度のものしか買えません。性能面ではSSDに劣りますが、コストパフォーマンスの面ではハードディスクが圧倒的な優位を保っています。

SSDを搭載して性能を上げたい、だけど低価格で大容量の記憶領域を手に入れたいと考える方も多数います。
その場合、パソコンの起動やソフトの動作に関わるOSのデータの保存先には性能の高いSSD、それ以外のデータの保存先にはハードディスクと用途に応じて使い分けることも可能です。
とくに個人でも高画質の動画が容易に撮影できるようになってから、運動会や発表会など、高画質の動画を撮り貯めていく場合は、保存用のハードディスクが必須となります。

SSDが登場した当初、数年後にはハードディスクが市場から消える可能性があるとの声もありましたが、まだまだ先の話になりそうです。

データ復旧事例:SSD
メディア解説:SSDについて

SDカード・USBメモリはデータの長期保存が苦手です

SDカードに写真を撮りいっぱいになったら別のカードを入れてまた撮影するという使い方をされている方もいらっしゃるかと思います。
SDカードやUSBメモリなどの媒体は長期間放置するとデータが消えてしまう可能性があるのはご存知でしょうか。


ph_mcph_usb

一般に販売されている製品では、データ保持期間は5~10年程度と言われています。
しかも、この数字は新品の場合の数字であり、使用を繰り返した後に長期間保管すると、さらに保存期間は短くなります。
では、たまにパソコンに接続すれば保存期間が延びるのかというとそういうわけではなく、読み出しを行った後で再度記録しなおす必要があります。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。
SSDのお話しでも触れましたが、NAND型フラッシュメモリと呼ばれる媒体は、セルにデータを記録する際に酸化被膜を通して電子をやり取りすることで書き込みや消去をおこなう仕組みによりデータを記録しています。
記録された電子データは、長期間放置をすると自然放電などによりデータが消失する現象が起きる場合があります。
また、電子データが酸化被膜を通る度に劣化が進み、劣化が進めば進むほど電子が逃げやすくなり、データを保持しておける期間が短くなっていくことになります。

そのため一度データを消去して再度書き込むことである程度データを消えにくくすることができますが、フラッシュメモリの性質上永久にデータが保存できるものではないので、最終的なデータの保存場所として使用することは避けたほうが良いでしょう。
さらに、酸化被膜の劣化が進んだ状態では数年程度とされている保持能力も期待できないので、使用頻度の高いメモリは数年おきに買い替えされることをお勧めします。

メモリ媒体はあくまで一時保存のための媒体であり長期保存が必要な場合はHDDなどの媒体にデータを移すなどバックアップを取ることをお勧めします。

■データ復旧事例(SD) 
■メディア解説(SD)

パソコンの中を整理整頓しよう

デジカメやスマートフォンで撮影した写真・動画などを取り込むたびに、パソコン内のデータ量は増えていき、整理整頓をしないと、どんどん空き容量が減っていくことになります。

パソコンや周辺機器、デジタルカメラ、スマートフォンは年々性能が上がり、1ファイルあたりの容量も増加傾向にあります。昔のデジカメでは、1枚あたりせいぜい1MBだった容量が、数MBになり、一眼カメラで使用するRAW形式だと数十MBの容量になっています。動画もSD画質からHD画質、4K画質とフォーマットが変わるごとに容量がどんどん増えています。

vol31_img06


また、テレビ録画機能のあるパソコンだと、無計画に録画しつづけるとあっというまに容量を使い切ってしまうことになります。

そのため、パソコン内のHDD・SSD容量が大きくなっていても、気がつけば空きがなくなることがあります。さらに、容量不足の警告が出たときに、慌てて整理しようとして誤った操作をして、大事なデータを失ってしまうこともあります。

そうならないためにも、日々の整理整頓が大事ですが、年末年始や年度末などの区切りにパソコン内の整理整頓、データのバックアップを行われてはいかがでしょうか?

パソコンの利用状況に合わせて、年1回、数カ月に一回等々、定期的に無理のないペースでデータの整理整頓、バックアップを行われることをお勧めいたします。

下記にてデータのコピー方法、戻し方、整理整頓術等をご案内しておりますので、ご参考までにご一読いただければと思います。

データバックアップ入門
ディレクトリ構造について

クラウドストレージに頼りすぎも良くない

オンラインストレージサービスは、サーバ上にデータを保存できるサービスです。「ストレージ」とは「記憶装置」の意味で、ネット上にあるハードディスクを間借りするサービスと考えると分かりやすいでしょう。スマートフォンやタブレットで撮影した写真のバックアップなどに大変便利です。


vol42_img02

一般的な使用方法であれば数GB分の容量があれば十分で、無料のサービスでも容量不足を感じることは少ないですが、大容量のデータ領域が欲しい場合は、有料のオプションを付けて数百GB、数TBの容量を確保することも可能です。

一部のサービスでは、比較的安価な料金で、容量無制限のオンラインストレージを提供しています。
インターネット経由でデータの読み書きを行うので、数十TBなどの大容量を使うことは現実的ではなく、そもそも、それほどの大容量のデータを保有しているユーザも少ないので無制限といっても実際にはそれほど使われないだろうという考えで無制限プランを用意していたようです。

しかし、高速インターネットが一般家庭にも普及し、デジカメのRAWデータやテレビの録画、4K動画撮影など大容量のデータ領域を使う用途が増えていくにしたがって、サービス提供側が想定していないデータ量をアップロードするユーザが現れ始めました。ごく一部のヘビーユーザによってコスト増となり、容量無制限のプランを停止するサービスが続出する結果となりました。
具体的には、Evernoteが始めた無制限プランはたった4か月で終了、Yahoo!ボックスも9か月で無制限プランの募集を中止しています。マイクロソフトのOneDriveも容量無制限サービス開始1年ほどで上限1TBに変更しています。
また、オンラインストレージサービスが乱立した結果、サービス自体を終了したものもあります。

大変便利なオンラインストレージサービスですが、事業者の都合で内容の変更やサービス終了が起こりうることは想定して利用したほうが良いでしょう。万が一の場合に備えて、オンラインストレージにだけに依存せず、自宅にNASなどを導入するのがお勧めです。データを二重に持っておけば、NASが壊れた場合でも、オンラインストレージが突然使えなくなっても安心です。

クラウドストレージのメリットと注意点
https://www.rescue-center.jp/elementary/vol42.html
NASについて