データ復旧コラム|データレスキューセンター

データレスキューセンターのスタッフによるデータ復旧コラム。PC、HDD、USBメモリ、SDカードの情報を中心としたお役立ち情報をお届けします。

自動バックアップに潜むリスク

バックアップについては弊社ホームページにて、バックアップの簡単なやり方や、パソコンの標準機能を用いた方法、パソコンを用いないバックアップ方法などをご案内しております。
■データバックアップ入門
■自動バックアップ方法
■パソコンがなくてもできるデータ保護

バックアップのお勧めの方法としてはスケジュール機能を使った自動バックアップになります。
一度設定さえしてしまえば、ユーザーは特に意識することなく、自動で定期的にバックアップ処理してくれるからです。
ただしここに大きな落とし穴があります。
バックアップ先のメディアが故障して動いていなかった、設定のミスでスケジュール機能が動作していなかったなどの理由で、データ復旧のご相談お受けすることがしばしばあります。バックアップを全自動に任せきりにしてしまい、その後のチェックを怠っているといざという時に実はバックアップがされていなかったという事態に陥ることがあります。
煩雑な手間をできるだけ省略するための自動化ですが、最低限の確認のための作業は必ず残しておくことを忘れないようにしましょう。

逆にバックアップを定期的に手動で行うようにしていても構いません。
ただしその場合ついつい忘れてしまうこともあります。
忘れ物防止の対策として、よくあげられるものは必ず発生するきっかけを一緒に作っておくというものがあります。例えば、出かけるときに持ってくもの(家の鍵など)なら、必ず通ることになる玄関に置いておくなどです。
バックアップと定期的に行う何か(社内の清掃や定例会議など)と一緒のシフトに組み込んでしまえば、忘れることもなく、またその場でバックアップの動作の確認をすることになるので異常発生時にも気付きやすいというメリットもあります。

スマートフォン用ですがバックアップ機器として次のような新製品も発売されています。
■スマホ充電と同時に写真や連絡先を自動バックアップする「iCube」新発売

手動で行うバックアップとなりますが、充電はどうせ手動で行うものですし、また毎日必ず発生する作業です。充電しながらバックアップをついでに実施するというのは最適な組み合わせだと思います。

smartphone_juuden
バックアップをついつい忘れてしまっていた場合でも、バックアップ先が壊れてしまったというようなケースでもデータの復旧の事例は数多くございます。そんな時はデータレスキューセンターまでお気軽にご相談ください。
■データ復旧事例

iOSで使用可能なUSBメモリ

iPhone ・iPadお使いの方は写真や動画などの保存場所に苦労されている方も多かったと思います。昨年アナウンスがありましたが、iOS・iPad OSで外部ストレージがサポートされることになり、データのやり取りが行いやすくなりました。
kaden_tablet
Apple製品ユーザー向けにはライトニングコネクタ端子にUSB変換を介して接続できるタイプのUSBメモリが多く流通しています。専用の変換アダプタを使用することなくデータを手軽に移すことができ人気のある商品となっています。
しかしながらiOS・iPad OSの仕様はWindows, Android端末とは大きく異なっており使用する際に注意すべき幾つかあります。iPhone・iPadで使用するUSBメモリなどの購入を検討されている方は以下の点をご参考にしてください。

・OSのバージョン確認
 そのUSBメモリ等の製品自体がOSに対応しているかどうか、例えば製品によってはUSBへの電力の供給不足が発生することもあります。またUSBメモリ等とのデータのやり取りの際には、専用のアプリケーションを介して行うことが前提になっている製品がまだ多くあります。そのためそのアプリケーションがご使用中のiOS・iPad OSのバージョンに対応しているかどうかの確認も重要となります。

・MFIの認証
MFI認証とは、他社が製造販売しているデバイスがApple製品との互換性の基準に達しているか保証しているもので、Apple社が公式認定しているものであるとの証明となります。MFI認証のない製品の場合、動作が不安定になる可能性もあるので購入される際は参考にされることをお勧めします。

・扱えるファイルシステム
 一般的にはMacOSで認識できるものであれば、iOS・iPad OSでも認識は可能です。店舗で購入したUSBメモリ等でしたら通常は標準の「FAT32」、もしくはそれを拡張した「exFAT」のどちらかになっていることが多いと思いますが、両方とも対応しています。MacOSで標準の「HSF+」、「APFS」も当然対応はしておりますので、対応外なのはWindowsで標準となっている「NTFS」のみになるでしょう。そのため直前までWindowsで使用していたHDDなどでしたら接続しても使えない可能性があるので注意してください。

データレスキューセンターでは、iPhone ・iPad本体の内部データの復旧には対応していませんが、外部ストレージとして利用されているUSBメモリからの復旧の事例は多数ございますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

データ復旧事例 USB
ファイルシステムの種類
WindowsとMac間でのデータのやり取り
次世代ファイルシステム
USBメモリが認識しない原因と解決方法
復旧率を下げないための10のルール

USBメモリの暗号化

USBメモリにデータを保存して持ち運びをする場合、紛失・盗難での情報漏えいのリスクがあります。
USBメモリの紛失・盗難での被害を抑えるためのセキュリティ対策をご紹介いたします。
home_security
1.保存するファイルにパスワードを設定する
エクセルでは「ブックの保護」、ワードでは「文書の保護」という標準の機能があります。
こちらを利用することで、パスワードを付けて暗号化することができますが、パスワードを忘れてしまうと二度と開けなくなるので注意が必要です。
標準で暗号化の機能がないJPGなどのファイルは、ZIPなどに圧縮してパスワードをかけることも可能です。

2.USBメモリそのものを暗号化する
USBメモリ全体を暗号化し、USBメモリへのアクセスの際にパスワードを必須とする方法です。
1のようなファイルごとに暗号化する手間もかからず、OSに標準でついている暗号化機能を利用すれば、設定も簡単です。

Windowsでは「BitLocker To Go」(Windows10 Homeでは使用できません)が標準でついています。マイコンピューター上で暗号化したいUSBメモリを右クリックして、「BitLockerを有効にする」を選択します。後は手順に従ってパスワードの設定や回復キーを保存すれば完了となります。

Macでは「Finder」を使用してUSBメモリの暗号化が可能です。事前にUSBメモリの「HFS+ファイルシステム」へのフォーマットが必要ですが、Finder上でUSBメモリを右クリックして「暗号化」を選択します。後は手順に従ってパスワードを入力すれば設定完了となります。

※暗号化の設定は、データの消失を避けるため、必ずUSBメモリ内のデータをバックアップした後に行ってください。

3.暗号化機能付きのUSBメモリを使用する
独自の暗号化機能が付属して販売されているUSBメモリを使用する方法です。
初期設定は必要となりますが、もともと暗号化機能があるので手軽に使い始められます。
中には、パスワードを一定回数間違えると二度とデータが読み出しできなくなるなどの機能もありますので、ご利用時はご注意ください。

情報漏洩の事故はいつ発生するかはわかりません。セキュリティ対策は十分に行われましょう。

なお、暗号化は情報漏洩を防止する対策となりますが、USBメモリが正常に読み出しできなくなるなどのトラブルが発生した場合、データ復旧が簡単にはできなくなる可能性がありますので、バックアップは必須となります。
なお、弊社では、暗号化されたメディアからの復旧の事例も多数ございます。何かありましたら、お気軽にご相談ください。

■データ復旧と暗号化
■データ復旧事例 > USBメモリ(暗号化)
■データ復旧事例 > 暗号化

SSDが認識しない原因と対処方法を掲載しました。

いまさら聞けないパソコン基礎知識に「SSDが認識しない原因と対処方法」を掲載しました。

SSD_main

https://www.rescue-center.jp/elementary/vol57.html

「BitLockerとは」を掲載しました。

データ復旧と暗号化に「BitLockerとは」を掲載しました。
bitlocker_main

https://www.rescue-center.jp/encryption/bitlocker/